Tailor Mag Produced by  Hi TAILOR

「いつもの自分」より少し上を目指す、ビジネススタイルマガジン

  • SNS

scene

【結婚式】メンズスーツをおしゃれに着こなすためのアイテムとは?

シーン別

2020.12.28

Toshiya

Tailor Magでライターをさせてもらっています、Toshiyaです。普段は商社で営業をしていますが、学生時代からアパレルには興味があり、最近ではスーツやシャツなどのビジネスウェアについて勉強しています。上手い着こなし方やビジネススタイルについてのアドバイスなどを伝えていけたらと思っています。

Tailor Magでライターをさせてもらっています、Toshiyaです。普段は商社で営業をしていますが、学生時代からアパレルには興味があり、最近ではスーツやシャツなどのビジネスウェアについて勉強しています。上手い着こなし方やビジネススタイルについてのアドバイスなどを伝えていけたらと思っています。

初めて結婚式に参列する時は、新郎・新婦や主催者に失礼がないようにするのが1番で、服装を楽しんだり1つ1つのアイテムにこだわったりする余裕がないものです。

しかし、せっかくの結婚式。お祝いの気持ちも込めて、ぜひゲストとしてもおしゃれにスーツを着こなして参列したいところですよね。

そこでこの記事では、結婚式に着るスーツのマナーを押さえた上で、普段のスーツスタイルをワンランク格上げするアイテムの使い方をご紹介します。

どれも簡単に取り入れることができるアイテムばかりなので、初めて結婚式に参列される方もぜひ参考にしてみてください。

大前提!男性ゲストの服装マナーとは

礼服にルールがあるように、礼服に合わせる小物にもルールがあります。そのため、まずは礼服のマナーを押さえておく必要があります。

小物を合わせていくにあたり、ベースとなるスーツやシャツ、ネクタイや靴・ベルトについて以下の表に簡単にまとめましたのでご覧ください。

フォーマルなウェディング カジュアルなウェディング
シャツ 白(ブロード素材)のシャツ 白(光沢感のある生地)のシャツ
ネクタイ 白orシルバーのネクタイ 明るいカラーのネクタイ
靴・ベルト 黒靴・黒ベルト 黒or茶の靴・ベルト

以上のベースとなる形をもとに、結婚式のスーツに合わせる小物アイテムの選び方を見ていきましょう。

スーツを引き締める「ネクタイ」

まずは、結婚式のスーツに合わせるアイテムとして必須となるネクタイについて見ていきましょう。ネクタイは視線も集まりやすく、全体の印象にも大きく関わるので、選び方次第でオシャレさを演出できます。

ネクタイ
OK 白、シルバーのネクタイ。パステルカラーも人気!
NG 黒ネクタイや派手柄のネクタイ

ネクタイは、白やシルバーのアイテムを選びましょう。黒ネクタイや派手柄のネクタイはNGなので注意してください。

なお、最近では「友人ゲストなら淡い色の付いたネクタイでも問題ない」という風潮もありますので、新郎・新婦との関係性やウェディングの格式に合わせてネクタイもチョイスしてみましょう。

デザインや形でおしゃれに演出するネクタイ

一般的なネクタイの他に、デザインや形でオシャレさを演出できるネクタイがあります。それが、「アスコットタイ」と「蝶ネクタイ」。それぞれ、昼と夜に合わせるネクタイとなります。

昼の礼服に合わせるアスコットタイ

結んだ時にスカーフのようにも見えるアスコットタイは、一般的なネクタイよりもボリュームがあり華やかな印象になります。アスコットタイは昼間の正装なので、アスコットタイを付けるのは、夕方までの結婚式の場合のみにしましょう。

また、アスコットタイをシャツの中に入れる巻き方もありますが、これはカジュアルな印象になるので、一般的なネクタイと同じようにシャツの外から巻くようにしましょう。

ただし、アスコットタイはまだまだ少数派。結婚式や来客の雰囲気によっては浮いてしまうケースが多いため、なかなか難易度の高いアイテムと認識しておくのが良いかもしれません。

夜のスーツには蝶ネクタイ

リボン型の蝶ネクタイは、夜の正装でつけるアイテム。昼間はネクタイ、夜の二次会は蝶ネクタイというような使い方もオシャレです。蝶ネクタイの場合は、一般的なネクタイと異なり黒無地が最もフォーマルとされていますが、結婚式なら白やシルバーもおすすめです。

カジュアルな結婚式や二次会なら柄の入ったネクタイを選んでもいいですが、あまり派手過ぎると悪目立ちしてしまうので注意しましょう。

そして、蝶ネクタイも、なかなか攻めのアイテムです。こちらも、どうしてもオシャレに決めたい時の奥の手として隠し持っておくのが無難かもしれません。

実は見られているアイテム「靴・靴下」

オシャレは足元からと言われるほど、意外とよく見られるのが「靴」や「靴下」です。それぞれ結婚式のスーツに合わせる時のポイントをチェックしていきましょう。

まず大前提として、結婚式のスーツに合わせる靴は革製(レザー)のものを選びましょう。

デザインは、ストレートチップのものが最もフォーマルなデザインなので、迷ったら黒のストレートチップを選べば失敗しません。フォーマル度は下がりますが、プレーントゥの革靴も結婚式には相応しいデザインです。

また、靴紐部分のデザインは、よりフォーマルな内羽根式のものを選びましょう。

なお、スニーカーやブーツなどのカジュアルなものはNGなので絶対に避けること。また、ワニやヘビ柄などのアニマル革の靴も結婚式には相応しくないので避けるようにしてください。

OK ストレートチップ&プレーントゥの革靴
NG スニーカーやブーツなどカジュアルなもの、ワニやヘビ柄などのアニマル革の靴

靴下

靴下はスーツのパンツの裾で隠れはしますが、立ったり座ったりする結婚式では意外と見られています。

結婚式で履く靴下はスーツや靴の色と合わせるのが一般的なので、黒や濃紺のものが相応しいです。なお、素肌が見えてしまうのはマナー違反となるのでくるぶし丈の短い靴下はNG。ミドル丈のある靴下を選ぶようにしましょう。

カジュアルではおしゃれに使える白い靴下も結婚式のスーツにはNGなので避けてくださいね。

靴下
OK 黒や濃紺のミドル丈靴下
NG 白い靴下、くるぶし丈の短い靴下

完璧に仕上げるための「小物、バッグ」

ここまで、結婚式のスーツの着こなしで最低限押さえておきたいアイテムの選び方をご紹介してきました。

ここからは結婚式でのスーツの着こなしを完璧に近づけるために意識すべきプラスαのアイテムの選び方をご紹介します。

ポケットチーフ

結婚式のスーツの着こなしに華やかさをプラスするポケットチーフはぜひ取り入れたいアイテムです。

一般的にはネクタイかシャツの色と合わせるので、色は白やシルバーで、リネンやシルクの無地チーフを選びましょう。挿し方はスリーピークスが最もフォーマルな形となります。

タオル素材やキャラクターモチーフのものは結婚式には相応しくなので避けるようにしてください。

ポケットチーフ
OK リネンやシルクの無地チーフ
NG タオル素材、キャラクターモチーフのもの

バッグ

男性が結婚式に出席する際は、基本的には手ぶらで出席するものとされます。しかし、手ぶらにこだわってスーツのポケットに荷物を詰め込むと、せっかくの綺麗なスーツのシルエットを崩して不格好になってしまいます。

そんなときは、おしゃれなアイテムにもなるクラッチバッグに荷物を入れて持っていきましょう。貴重品をコンパクトにまとめられてクロークに預けずに席まで持っていけるので、スーツを綺麗にかつスマートに着こなしたまま荷物を持ち運ぶことができます。

色はスーツの色と合わせるとまとまりやすく、薄手で二つ折りにして持つタイプのクラッチバッグだとスタイリッシュな印象にもなりおすすめです。

リュックやトートバッグなどカジュアルなカバンは結婚式には相応しくないので避けるようにしてください。

バッグ
OK 手ぶら、もしくはクラッチバッグ
NG リュックやトートバッグなどカジュアルなカバン

ベルト

結婚式のスーツに合わせるベルトは黒の革ベルトが基本となります。見栄えも大事なのでスーツの色をもとに、靴の色と合わせて選ぶようにしましょう。

靴下と同じく、スーツで隠れるからといって派手な飾りがついたベルトはNGなのでご注意を。

ベルト
OK 黒の革ベルト
NG 派手な飾りがついたベルト

ベストでスーツスタイルのフォーマル度をアップ!

本来ワイシャツは下着と考えられていたので、それを隠す服装はよりフォーマルな装いとなります。そのため、もしジャケットを脱いでもベストを着ていればフォーマルシーンにも相応しい服装でいられます。

また、昨今では結婚式の服装として、礼服ばかりでなくスーツスタイルでの出席も増えています。中には、仕事着としてのスーツで結婚式に出席する方もいらっしゃいますが、やはり結婚式にゲストとして招待されたなら、新郎・新婦をお祝いするために特別な装いをしたいもの。ベストを着用してドレスアップすることで普段のスーツスタイルを格上げすることができます。

なお、ベストには胸周りや胴周りを隠すことで体型をカバーし、どんな体型の人でもスタイリッシュに見せる効果があります。誰でも簡単にドレスアップできるので、ぜひベストを取り入れてみましょう。

おすすめのベストの選び方

本来は、スーツと同生地のベストがついたスリーピーススーツを選ぶのが最も簡単にベストを取り入れる方法ですが、単品のベストをお手持ちのスーツに組み合わせることもできます。

黒やダークネイビーなどフォーマルなダークスーツ全般に合わせられる無地柄・無彩色のライトグレーやミディアムグレーのベストは、スーツの色を引き立てVゾーンのアクセントにもなるのでおすすめです。

デザインはシングルの4つボタンか5つボタンのものを選ぶと良いでしょう。

まとめ:結婚式は基本マナーを押さえてゲストもオシャレを楽しもう

いかがでしたか?結婚式のスーツ1つとっても、アイテムの選び方は様々。今回ご紹介した以外にもたくさんのアイテムがありますが、まずは上記のアイテムを押さえておけば間違いありません。

基本のマナーから外れ過ぎないように気をつけながら、結婚式の雰囲気に合わせてオシャレを楽しんでみてください。

以下のページでは結婚式に参加する際のワイシャツの選び方について詳しく解説しているので、シャツの基本がまだ押さえられていない方は併せてチェックしておきましょう。