Tailor Mag Produced by  Hi TAILOR

「いつもの自分」より少し上を目指す、ビジネススタイルマガジン

  • SNS

scene

【シーン別特集】結婚式に参加する際のワイシャツの選び方

シーン別

2020.12.28

Joe

社会人になってからずっとこだわってきたスーツや小物など、ビジネスシーンの必需品について様々な情報を提供していけたらと思います。「落ち着きがあって大人っぽい」そんな印象を与えられるような、テクニックやノウハウについて執筆していきます。

社会人になってからずっとこだわってきたスーツや小物など、ビジネスシーンの必需品について様々な情報を提供していけたらと思います。「落ち着きがあって大人っぽい」そんな印象を与えられるような、テクニックやノウハウについて執筆していきます。

20代後半を過ぎたころから結婚式に参加する機会がぐんと増え、今では着こなしにも慣れたものですが、初めて結婚式に参加する時は新郎/新婦や主催者に失礼がないようにと服装のマナーについて徹底的に調べたものです。

結婚式の服装と言っても、スーツだけでなく、ワイシャツやネクタイ、靴、チーフなど、実は様々なポイントに注意しなければなりません。

そこで、今回は結婚式のスーツに合わせるワイシャツの選び方にフォーカスして、私の経験も元に詳しくご紹介していきます。

結婚式のワイシャツマナー!基本スタイルを押さえる

まずは結婚式で着るワイシャツの基本スタイルを押さえましょう。

とは言っても、実際には主催者との関係性や出席する際の立場、結婚式場の雰囲気や格式などによってもドレスコードは変わってくるので、今回は、一般ゲストの場合を想定してチェックしていきます。

早速見てきますが、結婚式のワイシャツマナーは基本的に次の3つのポイントを押さえておけばOKです。

  1. 1ワイシャツの基本はオールマイティに対応できる「白」を選ぶ
  2. 2柄は「無地柄」を選ぶのが無難
  3. 3衿型は「レギュラーカラー」が基本のスタイル

では、これらの3つのポイントについて、1つずつ詳しくチェックしていきましょう。

結婚式にふさわしいシャツの色って?

ワイシャツの色は様々ありますが、一般ゲストとして結婚式で着用する色は限られています。

基本の色はオールマイティな「白」。もしくはサックスブルー

結婚式で着るワイシャツの基本色は「白」。結婚式で主に着用するスーツは、ダークカラーが主となるので、白のワイシャツがスーツを引き立たせてくれます。

フォーマル度も高いため、どの立場(親族・上司部下・友人知人など)で結婚式に出席しても白のワイシャツを選べばまず間違いありません。

格式高いホテルウエディングからカジュアルな披露宴まで、幅広くオールマイティに着こなせるのが白のワイシャツです。

また、「サックスブルー」の淡い青シャツも結婚式で着用するダークスーツに良く馴染むのでおすすめ。特に、同系統のネイビーカラースーツとサックスブルーシャツの相性は抜群。

青系のグラデーションでまとめた着こなしは、結婚式という華やかな席にも相応しい装いとなります。

比較的ドレスコードが自由な場合はパステルカラーも◯

カジュアルウエディングや二次会など、比較的ドレスコードが自由な場合はパステルカラーでアレンジしてみましょう。ダークカラーのスーツと合わせるとVゾーンのアクセントにもなります。

パステルカラーのワイシャツはそれ自体がインパクトがあるので、ネクタイはシャツと同系色か白やシルバーグレーなどの色をチョイスするのがおすすめ。

あまり多くの色を使い過ぎると派手になり過ぎて悪目立ちしてしまうので注意してくださいね。

ダークカラーは重く暗いイメージを与えるためNG

黒色のワイシャツや、濃いネイビーやグレーなど濃色のワイシャツは、シックでスタイリッシュな印象がありますが、重く暗いイメージを与えるため結婚式ではNG。

夜に行われるカジュアルなパーティーなどでは着用しても問題ないかもしれませんが、結婚式には不向きなので避けるようにしましょう。

スーツに合わせるシャツの生地柄

ワイシャツの生地には、色以外にも無地やストライプ、チェックといった様々な柄や織り方があります。

たくさんの生地柄の中から結婚式で着るのに相応しいワイシャツを選ぶためのポイントを見ていきましょう。

無地柄が無難

ソリッド柄とも呼ばれる無地のワイシャツは、最もスタンダードなシャツになります。

無地柄のシャツ生地はブロードクロスやポプリンと呼ばれる織り方(平織り)で作られており、表面に落ち着いた光沢があるのが特徴。

無地のワイシャツが最もフォーマル度が高いので、基本は無地柄を選んでおけば無難です。

ツイルやドビーもおすすめ

無地以外にツイル(綾織り)やドビー柄のワイシャツも結婚式にはおすすめです。

ツイルは表面に斜めの畝(うね)があるのが特徴で、細番手のものは光沢感もあるため華やかな結婚式の席にも相応しいでしょう。

また、ドビー柄にはストライプやチェックなど様々な種類の柄がありますが、一見無地にも見える主張の小さい柄なので、様々なコーディネートに合わせることができます。

オックスフォードや柄の強いもの(はっきりとしたストライプやチェック)は避ける

ボタンダウンの代表的な生地として知られるオックスフォードは、厚くシワになりにくい丈夫さが特徴の生地ですが、スポーティーな要素が強いため、結婚式などのフォーマルなシーンでは避けるようにしましょう。

また、織柄で表現されるさりげないものではなく、はっきりとしたストライプやチェックなど、柄の強いワイシャツは派手になり過ぎて悪目立ちしてしまうので結婚式では基本NG。

カジュアルウエディングや二次会など、比較的ドレスコードが自由な場合でも派手になり過ぎないように注意する必要があるので、柄の強いワイシャツは避けた方が良いでしょう。

結婚式向きなシャツの衿型について

基本は「レギュラーカラー」。「ワイドカラー」もおすすめ

レギュラーカラーのワイシャツは、フォーマルな着こなしとなるため格式高い結婚式にもおすすめの基本の衿型です。

レギュラーカラーのワイシャツは最もスタンダードな衿型なので落ち着いて、上品なVゾーンを演出できます。

また、レギュラーカラーは衿の開きが狭いので、ノットが小さいプレーンノットでネクタイを結ぶと綺麗な印象になりますよ。

レギュラーカラー以外にはワイドカラーのワイシャツもおすすめ。ワイドカラーは結婚式などのフォーマルシーンからビジネスシーンの着こなしまで対応できるオールマイティーな衿型です。

レギュラーカラーよりも衿の開きが広いので、ノットが大きいセミウィンザーノットやウィンザーノットなどでネクタイを結ぶとバランスの取れた衿元になります。

ボタンダウンは避ける

衿先にボタンがあるデザインのボタンダウンのワイシャツは、どうしてもスポーティーな要素が強くなってしまうため、結婚式などのフォーマルなシーンでは避けるようにしましょう。

バタフライをするならウイングカラー

ウイングカラーは、フォーマルスーツの中でも特にタキシードと合わせて着用することが多いですシャツですが、コーディネート次第でどんな結婚式にも相応しいシャツとなります。

バタフライ(蝶ネクタイ)やバロックタイ、アイスコットタイなどのネクタイとウイングカラーの相性は抜群。上品で格式のある着こなしを楽しみたい方におすすめです。

ディティールにもこだわるなら・・・

ワイシャツの着こなしの基本スタイルは理解できましたか?基本さえ押さえれば結婚式のワイシャツマナーはそこまで難しくはありません。自信を持って着こなしてくださいね。

また、余裕があればディティールにもこだわると上級者の着こなしとなるので、ぜひ挑戦してみていただきたいところ。せっかくの華やかな結婚式ですので、ディティールにもこだわって、全身でお祝いしてあげましょう。

  • ワイシャツの袖は「ダブルカフス」を選ぶとドレッシーな着こなしに。スーツのジャケットからさりげなく覗くカフリンクスがポイントです。
  • スーツは「ダークスーツ」を。ネイビー、グレー、黒のスーツとワイシャツをコーディネートしましょう。
  • 靴は「黒」が基本。プレーントゥかストレートチップが望ましいです。結婚式にはスリッポンはNGなのでカジュアルウエディングや二次会などでも避けてくださいね。
  • ネクタイは「白」や「シルバー」が望ましいです。光沢があり、なるべく明るい色がベター。喪服を連想する黒は絶対NGです。
  • 「チーフ」も差しましょう。チーフだけアクセントで強い色を持ってくるのでなく、シャツやネクタイの色と合わせて選ぶと綺麗な着こなしになります。素材はシルクやリネンをチョイスしましょう。迷ったら白無地のチーフでOK。