Tailor Mag Produced by  Hi TAILOR

「いつもの自分」より少し上を目指す、ビジネススタイルマガジン

  • SNS

order suits

ビジネスシーンでのテーラードジャケットの着こなし方

オーダースーツ

2021.03.30

Toshiya

Tailor Magでライターをさせてもらっています、Toshiyaです。普段は商社で営業をしていますが、学生時代からアパレルには興味があり、最近ではスーツやシャツなどのビジネスウェアについて勉強しています。上手い着こなし方やビジネススタイルについてのアドバイスなどを伝えていけたらと思っています。

Tailor Magでライターをさせてもらっています、Toshiyaです。普段は商社で営業をしていますが、学生時代からアパレルには興味があり、最近ではスーツやシャツなどのビジネスウェアについて勉強しています。上手い着こなし方やビジネススタイルについてのアドバイスなどを伝えていけたらと思っています。

店頭や雑誌、通販サイトでも非常になじみのある「テーラードジャケット」。

カジュアルすぎず、キメ過ぎない万能アイテムとしておなじみですが、やはり「カジュアル」のイメージが強く、ビジネスシーンで着ても良いものか、迷っている方も多いのではないでしょうか?

今回の記事ではまず、そもそもテーラードジャケットとスーツジャケットの違いは?

という疑問から、ビジネスシーンで着るテーラードジャケットの選び方、着こなし方について解説していきます。

テーラードジャケットとは一体どんなジャケットか?

テーラードジャケットとは、カジュアルな場面で着ることができるラペル(襟)付きのジャケットを指します。

着る場面としては、「いつもの私服よりきちんとしたいけど、スーツを着るほどではない」というシーンで重宝します。

詳しくはこちらの記事で紹介していますので、気になる方は是非こちらもチェックしてみてください。

テーラードジャケットとスーツのジャケットの違いって何?

次に、テーラードジャケットとスーツジャケットの違いについて解説します。

実は、この2つのジャケットには明確な違いがあるわけではなく、一般的にはカジュアル向けかフォーマル向けなのかの違いによって分類されることが多いようです。テーラードジャケットは、主に休日に着用するカジュアルなイメージのものとして認識されていることが多いため、着心地を重視して肩パッドや毛芯などは使われないのが一般的です。

対して、ビジネスシーンやフォーマルな場面で着用するのがスーツジャケットです。そのため、肩パッドが入っていて立体的な作りになっていたり、艶感のある素材が使われることが多いのが特徴的です。

ビジネスシーンでテーラードジャケットを着るときはここに注意しよう

ビジネスシーンでテーラードジャケットを着るときの注意点はあるのでしょうか?

テーラードジャケットは、基本的にカジュアルな着こなしを目的としたジャケットです。

ラフな着こなしを楽しむアイテムなので、ビジネスシーンで着る際には、カジュアルになりすぎないように注意しましょう。

カジュアルになり過ぎないようにする着こなしのポイント

カジュアル過ぎない服装にするためにも、いくつかポイントがあります。

ビジネスシーンで使えるテーラードジャケットの基本的な着こなし方について抑えておきましょう。

ポイント①ボタンの留め方

テーラードジャケットのボタンは2つボタン、もしくは3つボタンのものが多いです。

ボタンを留めるときには、一番下にあるボタンは留めずに開けておくことをオススメします。

下のボタンを開けることでジャケットのシワを軽減し、見た目良く着こなすことができます。

ポイント②インナーと襟の隙間をつくるのは防ぐ

意外と見落としがちなポイントとしては、ジャケットの襟とインナーとの間についてです。

テーラードジャケットのサイズが自分の体に合っていないと、ジャケットの襟とインナーとの間に隙間ができ、だらしなく見えてしまいます。

ジャケットを肩に合わせて着るということと、自分の体に合ったサイズのジャケット選びが重要になります。

ジャケットの選び方については、次の章で詳しく紹介します。

ポイント③ポケットの使い方

基本的にジャケットのポケットは、使わないようにすることが多いです。

簡単に言えば、飾りのようなものだと思ってください。

ハンカチ程度なら入れてもいいかもしれませんが、スマホなど重みのあるものを入れると、ジャケットが引っ張られてシルエットが崩れるため、あまりポケットにはものを入れないようにしましょう。

きちんと見えるサイズの選び方

テーラードジャケットを着る際には、サイズ感も重要です。

選ぶときのポイントを紹介してきます。

これさえ知っておけば、ジャケットを選ぶことは難しくありませんよ。

先ほども少し触れましたが、襟とインナーの間に隙間ができていないかどうかは、見た目に大きく影響するポイントの1つです。

サイズが小さいと無理をして着ている印象を与えかっこ悪いですし、逆にサイズが大きいとだらしなく見えます。

その他にもテーラードジャケットのサイズがきちんと合っているかどうかを見極めるためのチェックポイントを用意しました。

チェック①:肩幅

ジャケットの肩が自分の肩幅にぴったり合っているかをチェックしましょう。

大きすぎて方が余ってしまっていたり、逆に小さすぎて肩回りが窮屈そうに見えるものはサイズが合っていません。

一般的には、肩の骨が最も出ているところのやや外側に袖付けの縫い目がくる物がジャストフィットのサイズ感と言われています。

チェック②:袖丈

袖丈のジャストサイズはワイシャツの袖が1cmほど出る長さと言われています。

袖が長すぎて手にかかるようだと、カジュアルさが際立ってしまうため、若干短めの丈のものを選びましょう。

チェック③:着丈

フォーマルさを強調したい場合はヒップがしっかり隠れる長さが良いでしょう。

カジュアルな印象になってしまうので、短くしたい場合でもベルトが隠れる長さが望ましいです。

オススメの色柄や素材

テーラードジャケットをビジネスシーンで着用する場合は、色や素材も印象を決める重要なポイントとなりますので、チェックしていきましょう。

素材

ビジネスシーンでテーラードジャケットを着るなら、きれいめな印象を与えるような素材のものを選ぶようにしましょう。

ウール素材はスーツによく使われる素材で、きれいな光沢を出すことができますのでビジネスシーンにもよく合います。パンツの素材もウールで合わせるとまた違った印象を与えます。

最近のトレンドではナイロン素材のジャケットも人気です。

フォーマルというよりはスポーティーで都会的な印象になりますが、撥水・ストレッチなど機能性が充実しているため、ビジネスシーンで着用する人も増えているようです。

逆に、リネンやコットン素材のジャケットは、特有のシワが出やすく、カジュアルな印象になりやすいので、ビジネスシーンでは避けた方が良いでしょう。

色・柄

ビジネスシーンで定番のネイビーやグレー、ブラック、ベージュなどのベーシックカラー選ぶのが無難でしょう。

柄についても、ベーシックな無地がおすすめです。

チェック柄やストライプなども一般的には売られていますが、テーラードジャケットがもともと持つカジュアルな印象を強調してしまうので、ビジネスシーンには不向きです。

まとめ

テーラードジャケットはカジュアルなアイテムですが、スーツを着るほどではないビジネスシーンで、程よくフォーマル感も出しつつ、着心地よく過ごせる便利なアイテムです。

今回ご紹介したようなポイントを押さえれば、オフィスでも浮かないテーラードジャケットの着こなしが楽しめると思いますので、是非チャレンジしてみてくださいね。