Tailor Mag Produced by  Hi TAILOR

「いつもの自分」より少し上を目指す、ビジネススタイルマガジン

  • SNS

order suits

カジュアルスーツとビジネススーツとの違いは? 選び方のポイントも紹介

オーダースーツ

2021.03.30

Joe

社会人になってからずっとこだわってきたスーツや小物など、ビジネスシーンの必需品について様々な情報を提供していけたらと思います。「落ち着きがあって大人っぽい」そんな印象を与えられるような、テクニックやノウハウについて執筆していきます。

社会人になってからずっとこだわってきたスーツや小物など、ビジネスシーンの必需品について様々な情報を提供していけたらと思います。「落ち着きがあって大人っぽい」そんな印象を与えられるような、テクニックやノウハウについて執筆していきます。

クールビズやウォームビズの広がりとともに、“ビジネスカジュアル”をオフィスや街中でよく見かけるようになりました。

ビジネスカジュアルの魅力は、お決まりの“スーツにネクタイ”にはない、親しみやすいスタイル。なかでもカジュアルスーツは、オンでもオフでも使える社会人なら1着は持っておきたいアイテムです。

とはいえ、ビジネススーツからカジュアルスーツに切り替えるときには、「どのくらい崩していいか」など疑問や心配もつきものです。

そこで今回はカジュアルスーツに興味がある人、オンでもオフでも使えるアイテムを探している人に向けて、カジュアルスーツのすべてを徹底解説していきます。

ビジネススーツとの違い、ビジネスシーンでもかっこよく決まるカジュアルスーツの選び方、カジュアルスーツを取り入れるときの注意点をチェックしていきましょう。

そもそもカジュアルスーツとは

ビジネススーツは、セットアップで同じ素材が基本ですよね。また、デザインや生地も“ビジネス向き”を選ぶ必要があります。

一方で、カジュアルスーツは、色やデザインの自由度が高いのが特徴。セットアップにこだわる必要もありません。シーンさえ選べば、ジャケットとパンツの素材が異なるジャケパンスタイルでも、ノーネクタイでも、インナーがカットソーでもOKです。

本記事ではカジュアル度の高いビジネス スタイルを総じて、“カジュアルスーツ”と紹介していきます。

カジュアルスーツとビジネススーツの違い

生地や素材など、カジュアルスーツとビジネススーツの具体的な違いを紹介します。かっこいいカジュアルスーツを選ぶポイントもチェックしてくださいね。

生地の素材から見る違い

ビジネスやフォーマルなシーンで着るスーツの生地は、ウールテッドファブリックと呼ばれるウールを原料にした素材が一般的です。ぱっと頭に浮かぶビジネススーツのほとんどは、光沢があってパリッとした印象ではないでしょうか。

ウールテッドファブリックの生地は、5センチ以上の長くて細い原毛が用いられ、耐久性が高いのが特徴。クリーニングに耐えられるだけでなく、コットンなどの生地に比べてシワもできにくい特性があります。

一方カジュアルスーツの多くは、ウーレンファブリックが用いられます。ウーレンファブリックは、ウールテッドファブリックに比べ、短くて太い素材が使われます。代表的なところで、秋冬用によく用いられるフランネル。厚みがあり起毛のある生地は、パリッとした質感にはない温かさを感じますね。

カジュアルスーツの生地を選ぶなら、

  • オールシーズン 「ギャバジン」「ジャージ」
  • 春夏 「コットン」「リネン」「シアサッカー」
  • 秋冬 「フランネル」「ツイード」

がおすすめです。

生地の色や柄から見る違い

ビジネススーツの色は、黒・ネイビー・グレーが一般的です。柄も無地かストライプが間違いないと覚えている人も多いでしょう。

一方で、カジュアルスーツの色や柄は、バリエーションが豊富です。季節に合わせて色の濃淡を楽しむも良し、チェックやストライプなど攻めた柄でも良し。カジュアルスーツならではの魅力です。

ほかにも、カジュアルスーツを持っておくとプライベートでちょっといいお店に食事に行くときや、結婚式の二次会でも役立ちます。ジャケパンスタイルでも活躍してくれますね。

春のジャケパンスタイルはこちらの記事で詳しくチェック

ポケットから見る違い

次に注目するのは、スーツのポケットです。実は、ビジネススーツとカジュアルスーツには、明確な違いがあるんです。

カジュアルスーツのポケットは、アウトポケットが主流。前身頃に貼り付けたような見た目からパッチポケットとも呼ばれます。ビジネススーツのフラップポケットと比べると、遊び心がある印象ですね。

パンツの違い

最後はパンツの違いです。ビジネススーツは、セットアップで注文するので、上下の素材が異なることはありません。また、どちらか片方のみを着ることもありません。

一方、カジュアルスーツではジャケパンスタイルが好まれるように、セットアップにこだわらなくてOK。カジュアルスーツのパンツには、チノパン、スラックスがよく選ばれています。

さまざまなコーディネートに活用できるという意味では、コスパも抜群ですね。

カジュアルスーツを着る際に気を付けるポイント

デキない人という印象を与えないように、カジュアルスーツを着る前に注意すべきポイントをしっかり押さえましょう。

カジュアルスーツがふさわしい場面かどうかを見極める

カジュアルスーツは、商談・面接などフォーマルな場面には向きません。きちんとした印象を与える必要があるシーンでは、ビジネススーツを選ぶようにしましょう。

もし、どちらにすべきか迷うときは、無難にビジネススーツにしておいて、後でカジュアルスタイルに変えるのがいいでしょう。

カジュアルスーツでもOKなのは、例えばクールビズやウォームビズ中のオフィス。快適で過ごしやすい服装を許可されているなら、「ジャケットとチノパン」「ポロシャツとスラックス」などカジュアルスーツを取り入れるのもいいですね。

季節感を意識して、生地を選ぶ

カジュアルスーツでは、季節感を大切にして生地やアイテムを選びましょう。ビジネススーツは、季節感よりも、生地の質やデザイン重視。

一方、自由度の高いカジュアルスーツでは、無難なアイテムを選ぶのではなく、季節に合わせて生地を選ぶのがおすすめ。

例えば、春夏なら水色のシアサッカー生地のジャケットに白いパンツを合わせると、爽やかな印象が際立ちます。セットアップのカジュアルスーツなら、暗めを避けて明るさのある色を選ぶとキマります。

オンでもオフでも使えるカジュアルスーツの選び方

最後に自分に似合うカジュアルスーツの選び方のポイントを2つ紹介します。

オンオフに対応させるならデザインはスタンダードで

自由度の高いカジュアルスーツですが、ビジネスシーンでも着用するなら、スタンダードなテーラードジャケットを選ぶのが無難。

パンツはすそに向かって幅が細くなるテーパードならビジネスシーンでも着回しが可能です。

自分の体格に合うジャストサイズを選ぶ

カジュアルスーツに限ったことではありませんが、ジャストサイズを選ぶことがカジュアルスーツを着こなすコツです。

小さかったり大きかったりすると、だらしない印象を与えふがち。ピシッと決まったジャストサイズを選ぶことが、何よりもカジュアルスーツがかっこよく見えるポイントです。