Tailor Mag Produced by  Hi TAILOR

「いつもの自分」より少し上を目指す、ビジネススタイルマガジン

  • SNS

order suits

ジャケットにあわせるTシャツ、ダサ見えしない選び方とは

オーダースーツ

2021.02.26

Toshiya

Tailor Magでライターをさせてもらっています、Toshiyaです。普段は商社で営業をしていますが、学生時代からアパレルには興味があり、最近ではスーツやシャツなどのビジネスウェアについて勉強しています。上手い着こなし方やビジネススタイルについてのアドバイスなどを伝えていけたらと思っています。

Tailor Magでライターをさせてもらっています、Toshiyaです。普段は商社で営業をしていますが、学生時代からアパレルには興味があり、最近ではスーツやシャツなどのビジネスウェアについて勉強しています。上手い着こなし方やビジネススタイルについてのアドバイスなどを伝えていけたらと思っています。

ジャケットのスタイルといったら、1番に連想するのはYシャツでしょうか?
きちんと感があり、大体どんなシーンでも対応できるので便利ですよね。

でもちょっとフォーマル過ぎるって時もありませんか?

「スーツだとキメ過ぎている気がする……」
「カジュアル過ぎるのもよくなさそうだな……」

そんな時に便利なのが「ジャケパン」スタイルです。

テーラードジャケットにインナーとパンツを合せて、キレイめなカジュアルコーディネートに仕上げてくれる優れ技です。

なかでも、インナーにTシャツを合わせるコーディネートは、プライベートシーンだけではなく、ビジネスシーンでも受け入れられるようになりました。

今回は、ビジネスシーンにぴったりなジャケットと相性がいいTシャツの選び方をご紹介します。

新定番、ジャケットのインナーはTシャツ⁉︎

「ジャケパン」スタイルが一般的になってから、ビジネスシーンでもインナーにYシャツではなく、Tシャツを着る人が増えてきました。

ベンチャー企業やドレスコードのない企業も増えており、有名な社長もよくメディアにTシャツとジャケットのスタイルで出演していますね。

一方で、ジャケットとTシャツのコーディネートは、カジュアルな印象が強く「オフィスでも浮かず、またスーツほどキメ過ぎないように」と考えると、コーディネートが難しいと感じている方も多いかもしれません。

実は合わせ方のポイントを押さえるだけで、ジャケットとTシャツがぐっとコーディネートしやすくなります。

この記事ではジャケットのインナーに着るTシャツの選び方のポイントを紹介していきますので、是非参考にして、Tシャツスタイルにチャレンジしてみてください。

ジャケットのインナーにするTシャツの選び方

ジャケットに合わせるTシャツを選ぶポイントは3つです。

  • 色、デザイン
  • サイズ
  • 生地

この3つをおさえると、Tシャツでもきちんと感のあるビジネスシーンにあったコーディネートになります。

ビジネスシーンに合う色・柄は?

大きなプリントや太めのボーダーのTシャツは、カジュアルな印象が強くなってしまうので、ビジネスシーンに相応しくありません。

無地のTシャツ、もしくは細いボーダーを選ぶようにしましょう。

色は白や黒、紺などの派手ではない色を選びましょう。

一般的な色は白ですが、ジャケットの色に合わせて、インナーの色を変えるとオシャレですね。

ベージュなどの明るい色のジャケットには、黒などの暗い色のインナー。

ネイビーやダークブラウンなどの暗い色には、白を合わせると色のバランスが良くセンスのいいコーディネートになります。

上品に着られるTシャツのポイントは首回りのデザイン

首回りが開いたTシャツをジャケット合わせると、品がなく見えてしまったりカジュアルすぎたりする印象になりやすいです。

本来テーラードジャケットは、襟やネクタイで首回りが華やかです。

そのため、Tシャツで首回りが空いていると寂しい印象になってしまうので、首回りの詰まったデザインを選ぶとジャケットとの相性が良くなります。

おすすめのデザイン

◆クルーネック

首元にピッタリとした丸いカットのネックラインで、Tシャツの一般的なデザインです。

「丸いネックライン」ではなく「首元が詰まったデザイン」が良いので、丸いカットだからと首回りが開いたUネックを選ばないように注意してください。

体にぴったりのサイズは?意識したいのは「丈」の長さ

オーバーサイズのTシャツが最近は人気ですが、ジャケットに合わせるには向いていません。

横幅があるとジャケットを羽織った時にシワができてしまい、着心地も悪く見た目もキレイではありません。

そしてカジュアルな印象になるので、ビジネスシーンは向いていないです。

ジャケットのインナーに着るTシャツは、体に密着しすぎず大きすぎないサイズを選びましょう。

ボディーラインがはっきりと分かるものやお腹が見えてしまうサイズは小さいです。

体のシルエットがキレイに見えるものを選んでみてください。

Tシャツのサイズで特に意識したいのは「丈」。

ジャケットの下からTシャツの裾が見えてしまうのは、だらしない印象になりやすいです。

ベルトが隠れるぐらいの丈の長さがを選ぶとオシャレに仕上がります。

無地でも高見えする質がいい生地を選ぶ

キレイめなジャケットに合わせるTシャツが安っぽいと、それだけでだらしなく見えてしまいます。

しっかり高見えするTシャツを選びましょう。

高見えするポイントは生地の「厚さ」「密度」。

一枚で着たときに体が透けないTシャツが、上品に着こなすポイントです。

ダサくならない生地の厚さは6オンス

厚さの目安として、ヘビーオンスと言われる6オンス以上の生地がおすすめです。

1オンスは、1ヤード(0.914メートル)四方の生地が約28.35グラムの重さ。

1オンスが最も薄く、数字が大きくなるごとに生地は厚くなります。

生地の密度が高いのは「度詰め」

作るときに糸を引っ張りながら網目をきつくする「度詰め」という生地は、厚みもありおすすめです。

網目をきつくすることで生地が固くなり、しっかりした質感と光沢が出て高級感が出ます。

生地自体も丈夫なものになるので、伸びたり形が崩れたりしづらく長持ちします。

ぜひ一度試着してみて、着心地の良い生地の厚さを選んでみてください。

ワンポイントってどこまでOK?ロゴは?ポケットは?

プリントやボーダーなど柄の入ったものはビジネスシーンには向きません。

しかし無地のTシャツでも、ポケットがついていたりロゴが入っていたりしますよね。

ビジネスではこれらはどうなのでしょう?

答えは、あまり好ましくありません。

ロゴやポケットがつくことで、カジュアルになってしまいます。

そのため何もついていないシンプルなTシャツがベストです。

まとめ

今回、ビジネスシーンでも活躍するTシャツの選び方を紹介しました。

押さえておきたいポイントは3つ

  • 無難な無地でジャケットに合わせた色
  • 首回りが詰まったデザイン
  • 厚地で密度が高い生地

この3つを意識して、上品なジャケット×Tシャツのコーディネートを楽しみましょう。