Tailor Mag Produced by  Hi TAILOR

「いつもの自分」より少し上を目指す、ビジネススタイルマガジン

  • SNS

order suits

ジャケットの下、何着る?インナーの選び方

オーダースーツ

2021.02.26

Joe

社会人になってからずっとこだわってきたスーツや小物など、ビジネスシーンの必需品について様々な情報を提供していけたらと思います。「落ち着きがあって大人っぽい」そんな印象を与えられるような、テクニックやノウハウについて執筆していきます。

社会人になってからずっとこだわってきたスーツや小物など、ビジネスシーンの必需品について様々な情報を提供していけたらと思います。「落ち着きがあって大人っぽい」そんな印象を与えられるような、テクニックやノウハウについて執筆していきます。

私服通勤の男性に定番となり、ビジネスシーンでも見かけるようになった「ジャケパン」。

テーラードジャケットとパンツを合わせた、スーツよりカジュアルなスタイルです。

しかし、どんなインナーを合わせていいのか迷っている方も多いのではないしょうか?

「ダサい印象にしたくない……」

「マナー違反が怖くてYシャツしか着られない……」

このようなコーディネートの悩みはたくさんあると思います。

今回は、おすすめのインナーとシーンのコーディネートをしっかり紹介して、皆さんの悩みを解消していきたいと思います。

ジャケットに合わせる定番のインナー3選

 

ジャケパンコーデのインナーといったら、定番なのはシャツ・Tシャツ・ニットの3つではないでしょうか。

今回はこの3つを詳しく説明します。

真面目にもカジュアルにも使えるシャツ

 

真面目なシーンもカジュアルシーンも両方に使えるシャツ。

色・柄・形を替えれば、どんなシーンでも使える便利なアイテムです。

ネクタイやベストなどを組み合わせて、オシャレの幅も広がります。

シャツを選ぶときのポイントは身頃の長さ。

タックアウトで着られるシャツはラフなコーディネートにも、インして真面目なコーディネートにも使えるのでおすすめです。

ジャケットにシャツを合わせると誠実な印象に

 

ジャケットとシャツの組み合わせは、フォーマルなコーディネートになるため、真面目で誠実な印象になりやすいです。失敗が少ないので、初めての方は色や柄を替えてみることから始めてみましょう。

無地のシャツでも色を変えることで印象も大きく変わります。

  • 白や淡い色→フレッシュさ、清潔感
  • 黒や濃い色→力強さ、大人の重厚感

生地

同じ無地でも生地の素材で、雰囲気は大きく変わります。

  • デニム生地→ワイルドな男性らしさ
  • リネン生地→カジュアルな爽やかさ(夏におすすめ)

ストライプやチェックなどの柄と合わせるとカジュアルさが増し、ヌケ感のあるオシャレな着こなしになります。

チェックのシャツを選ぶときに注意したいのは色の数です。

マドラスチェックのような色が不規則に入ったシャツは、ジャケットと合わせると統一感がなくなってしまいコーディネートが難しくなります。自信がない方は、ギンガムチェックなどの単色で、無地に近い細かいチェックのものがおすすめです。

ジャケットとシャツならドレッシーからカジュアルまでコーディネート次第

 

ビジネス

もともとフォーマルなジャケット×Yシャツのコーディネートは、もちろんビジネスシーンにもぴったりです。

色や柄の選び方で、商談や面接などのきちんと感が重要な場面から、普段の通勤スタイルまでカバーできます。

デート

ラフすぎず、真面目すぎないのでちょっとオシャレなレストランも、カジュアルなカフェでも行きやすい服装です。

出かける場所を選ばず、清潔感があるジャケット×Yシャツのスタイルは、デートシーンでも活躍してくれるでしょう。

子供の参観日

かしこまり過ぎても、カジュアルすぎても浮いてしまう。そんな時に便利なのがジャケパンスタイルです。過度に飾りすぎることなく、清潔感とおしゃれを両立させるので「かっこいいパパ」を演出することが出来ます。

ベストやネクタイでと合わせた正統派コーディネートがおすすめ

 

インナーにベストを合わせたコーディネート。

クラシックかつ上品なスタイルです。インナーはシャツ+ネクタイまでして、正統派の着こなしをするのがおすすめです。

ビジネスシーンに進出したカジュアルなTシャツ・カットソー

 

シャツよりカジュアルなコーディネートになるTシャツ・カットソーを合わせたコーディネート。一見難しそうに見えますが、実は様々なシーンに取り入れやすい便利なコーディネートです。

選ぶときはこの3つのポイントを押さえると、きちんと感のあるコーディネートが組みやすいのでおススメです。

  1. 1 柄は無難な無地がベスト。色はジャケットに合わせた色を選ぶ。
  2. 2 首回りが詰まったデザイン。
  3. 3 厚地で密度が高い生地

インナーのTシャツの選び方についてはこちらの記事で詳しく紹介していますので

こちらもぜひ参考にしてください!

ジャケットのインナーにおすすめなのは無地か細ボーダー

 

無地

ビジネスシーンにも向いてるコーディネートです。

定番の白は、程よいヌケ感を演出できます。明るい色のジャケットには黒や紺で合わせて引き締めるとスマートです。

ボーダー

無地よりカジュアルな印象になります。

細めのボーダーと合わせれば、マリン的な爽やかな印象に、太めのボーダーはよりカジュアル感が強くなるので、スニーカーと合わせることで都会的なオシャレさを演出できます。

幅広いシーンで毎日使える

 

動きやすいTシャツなので、アクティブなシーンにマッチするのはもちろん、最近ではビジネスシーンでも受け入れられる場が増えてきているので、非常に汎用性が高いコーディネートです。

休日のお出かけ

ショッピングや人に会うシーンなど、日常的なお出かけにも最適です!

休日は、プリントTシャツと合わせて、きちんと感の中にも遊び心のあるコーディネートに挑戦してはいかがでしょうか?

ビジネス

最近ではシャツではなく、Tシャツをビジネスシーンに使う人も増えてきました。

社風やシーンにもよりますが、普段の通勤着として使うには、着心地もよく動きやすいのでぴったりです。

ポイントをおさえた上級者コーディネートもおすすめ

 

インナーにTシャツを合わせたコーディネート。

Tシャツは首の形が最大のポイントで、クルーネックという丸型のものが最適です。また、着丈も短いものを選ぶとバランスがとれます。

冬に大活躍!合わせ方が自由なニット・セーター

寒い季節になると活躍するのがニット!

シャツと組み合わせたり、ニットだけで着たりオシャレの楽しみ方が増えます。

厚手のニットではジャケットを羽織ると着ぶくれしてしまうので、薄手の物がおすすめです。

模様や柄が入ることでカジュアルな印象になります。

おすすめのニットの形

タートルネック

スティーブ・ジョブズも愛用していたタートルネックは、ビジネスシーンでもよく見かけるようになりました。

ジャケットとの相性もバツグンです。

クルーネック

ニットだけでもき、Tシャツと同様に首回りが詰まっているものがおすすめです。

シャツを組み合わせるのもオシャレです。

Vネック

シャツ+ネクタイの組み合わせと相性がいいです。

オーバーサイズを合わせてしまうと高校生の制服のような組み合わせになってしまうので、ジャストサイズを選びましょう。

ニットのゲージで印象が変わる

 

同じニットでも編み目で印象が大きく変わります。

ハイゲージやローゲージという表現を聞いたことがある方も多いかと思います。

これらはニットの編み目の細かさについての表現で、それぞれ印象が大きく異なるため、コーディネートにあわせてニットを選ぶようにしましょう。

ハイゲージ

細い糸で編まれていて編み目が細かく、フラットに見えるシンプルなニットです。光沢感があり、スマートに着こなせるので上品でフォーマルな印象になります。

ローゲージ

太い糸で編み目も大きく、ざっくり編まれたニットです。大きめの編み目が見た目にもアクセントになり、ナチュラルでカジュアルな印象を作ります。

編み目が荒いので、通気性と伸縮性が優れているのが特徴です。

ミドルゲージ

ハイゲージとローゲージの中間の網目です。

組み合わせしだいでカジュアルにもビジネスのシーンでも活躍します。

カジュアルからフォーマルまで幅広いシーンにマッチ

 

ニットの選び方次第で印象も大きく変えることができるので、幅広いシーンで活躍してくれます。

ビジネス

無地のシンプルなハイゲージニットなら、上品な印象でビジネスシーンにもピッタリです。

シャツやネクタイと合わせて正統派の着こなしもおすすめです。

また、タートルネックのニットを合わせても、フォーマルな印象のコーディネートになります。

冬のお出かけ

ニットとジャケットで防寒対策もバッチリ。夜のイルミネーションデートにもおすすめです。

ローゲージのニットや、柄が入ったニットなどのカジュアル感のある物を合わせても、ジャケットが大人っぽさを演出してくれるため、子供っぽくならずに着こなすことができます。

寒い季節に最適、シンプルな上品さのあるコーディネートがおすすめ

 

インナーにタートルネックを合わせたコーディネート。秋冬に着る、起毛感のある生地のスーツにはぴったりです。また、インナーのネックが高いことで適度に上品な印象になるため、ビジネスシーンにも最適です。

まとめ

今回はジャケットに合わせるインナーを、オーソドックスな3種類ご紹介しました。

インナーの選び方次第で、いつものジャケットのコーディネートの幅が広がりますので、是非いろいろなインナー合わせにチャレンジしてみて下さい!