Tailor Mag Produced by  Hi TAILOR

「いつもの自分」より少し上を目指す、ビジネススタイルマガジン

  • SNS

order suits

デキる営業はスーツをこう着る マナー&着こなしポイント紹介

オーダースーツ

2021.03.30

Joe

社会人になってからずっとこだわってきたスーツや小物など、ビジネスシーンの必需品について様々な情報を提供していけたらと思います。「落ち着きがあって大人っぽい」そんな印象を与えられるような、テクニックやノウハウについて執筆していきます。

社会人になってからずっとこだわってきたスーツや小物など、ビジネスシーンの必需品について様々な情報を提供していけたらと思います。「落ち着きがあって大人っぽい」そんな印象を与えられるような、テクニックやノウハウについて執筆していきます。

営業職につくなら、お客様に信頼してもらえるように見た目はとても大切です。

ビシッとスーツを着こなしているだけで、仕事ができそうな人に見えますね。反対にヨレたスーツやサイズが合ってないスーツを着ていると、頼りない印象になってしまいます。そうならないように自分の体型に合ったスーツを選びましょう。

今回はスーツを購入する際に確認したいポイントから、かっこよく着こなすマナーまでご紹介します。スーツを着ることで得られる真面目さや誠実さをしっかり自分のものにしていきましょう。

営業職がスーツを選ぶポイント

スーツ選びはサイズが重要です。体にフィットするものを選びましょう。基本的に余計なシワが入らないサイズが、自分の体型に合ったサイズです。しかし、同じサイズでもスーツによって大きさが異なります。必ず試着してから購入しましょう。

ジャケットのサイズは合っている?4つのチェックポイント

ジャストサイズを選ぶ際に、何を基準に「自分の体系に合っている」かを判断するのは難しいです。ここでは購入前に確認したい4つのポイントをご紹介します。

1、ボタンを閉めた時に拳ひとつ分の余裕

ジャケットのボタンを閉めた時、お腹のところに拳がひとつ入るか確認しましょう。

ひとつ以上入る場合はワンサイズ小さいものを試し、拳が入らない場合や、ボタンの周りにシワができる場合はワンサイズ大きいものを試しましょう。

2、お尻がちょうど隠れる長さ

ジャケットの着丈が足の付け根にかからないぐらいの長さか確認しましょう。

短いと背中が見えてしまったり、長いとだらしない印象になったりします。

3、肩にひとつまみできる余裕

肩の部分で胴体と袖が縫い合わせているところを軽くつまみます。

この時、人差し指と親指の2本でつまめる余裕がジャストです。

つまむ余裕がないもの、3本以上の指でつまめるものはサイズを変えて試してみましょう。

4、袖からシャツが1センチ見える

ジャケットの袖から、シャツがほんの少し見える長さが丁度いいサイズです。

試着した時にインナーがシャツではない場合は、腕を下ろして手のひらを床と平行になるよう手首を曲げます。その時、袖口が手の甲に触れるぐらいが目安になります。

袖の長さは調節してくれるお店もあるので袖だけ少し長い場合は、店員さんに相談してみると無料で対応してくれるかもしれません。

ジャケットの色でおすすめなのは暗めの3色

営業におすすめのスーツの色はダークカラー。

暗めのカラーは誠実な印象を持ってもらいやすいので、ビジネスシーンで定番の色です。

とくにこの3色は使いやすいカラーなのでおすすめです。

1、ネイビー

フォーマルな場面はもちろんカジュアルな場面でも使うことができるのがネイビーです。年齢問わず爽やかな印象を与えることができます。

2、チャコールグレー

ネイビーと並んで、様々な場面で活躍してくれる色になります。落ち着いた印象、知的な印象を与えるため、重要な商談、プレゼンなどの場にふさわしいと言えるでしょう。

3、ブラック

冠婚葬祭や就職活動のイメージが強いブラックのスーツですが、最近は、薄いストライプが入ったシャドーストライプを着ることで、オシャレに着こなすことができます。

パンツを選ぶときに確認したい3つのポイント

「パンツはどれも同じ」と、思っていませんか?ジャケットと同じようにサイズやシルエットを意識すると、スマートにスーツを着こなせます。

1、サイズ

パンツのサイズは試着した時に、気になるシワができていないかで確認します。

お尻にシワが入って生地が余っている場合は、ワンサイズ小さいものを、ポケットが開いてしまう場合は大きめのサイズを試しましょう。

2、シルエット 

パンツのシルエットは大きく2つの形があります。

体型に合わせて、スマートに見える方を選ぶといいでしょう。

  • ストレートパンツ

膝から裾までが直線的なラインのシルエットです。

一般的な形で様々なシーンで使いやすく、足の形をカバーしてくれます

  • テーラードパンツ

裾に向かって細くなるラインのデザインです。

足元がすっきりとして、スタイリッシュな印象になります。

3、裾上げ

折り返しがないシングルはフォーマル。

折り返しのあるダブルはカジュアルとされています。

ビジネスシーンではどちらでも問題がないので、持っている靴や訪問先に合わせて選ぶといいでしょう。

スーツに合わせる小物を選ぶポイント

スーツの印象を大きく左右するのがスーツに合わせるアイテムです。スーツだけでなく、ネクタイ、靴、靴下と言った細かい部分にまで気を配ることができてこそ、一流のビジネスパーソンと言えるのではないでしょうか。

ネクタイはネイビーが使いやすい

ネクタイの王道はネイビー×無地です。

様々なシーンで使えるため、1本は持っておくといいでしょう。

ネクタイの一般的な色は、ネイビー、えんじ、グレーの3色。

最初は使う機会の多い無地のネクタイ。その後レジメンタルやドットなどの柄のネクタイを揃えていくのがおすすめです。

靴は内羽根式のストレートチップ

フォーマルな靴は、黒の内羽根式のストレートチップ。

大切な場面でも使えるので、最初に持っていたい一足です。

しかし普段の営業ならこの靴ではなくても大丈夫です。

フォーマル度を意識してオシャレを楽しみましょう。

  • 定番のカラーはブラックやブラウン

ブラックはどんなスーツにも合い、シーンを選ばず使えます。

ブラウンはネイビーやグレーのスーツと相性がいいです。

明るいブラウンはカジュアルな印象になるので、暗めのブラウンがビジネスシーンにおすすめです。

  • フォーマルなのは紐付き

フォーマルな場面で履ける靴は靴紐があるタイプです。

バックルやローファーなど紐のないタイプは、カジュアルでビジネスシーンに向いていません。

唯一バックルがついたモンクストラップは、ビジネスシューズとして使えるので、おしゃれの幅を出したくなったら購入するといいでしょう。

靴下のポイント

意外と見られているのが靴下。

ネイビー、ブラック、グレーなど暗い色が一般的です。

目立つ模様が入っていない、シンプルなものを選ぶようにしましょう。

座った時に裾が上っても肌が見えない長さがマナーなので、くるぶしより上の長さがいいです。

靴下に穴が開いていたり、ゴムが伸びていたりするとだらしなく見えてしまうので、状態を確認して1年に1度は買い換えるのがおすすめです。

営業でのスーツのマナー

スーツをかっこよく着こなすためにマナーを知っておくべきです。

どれだけサイズの合ったスーツを着ていても、マナーを守れていないと印象は悪くなってしまいます。

細かいことですが、意識するだけで好印象になるので覚えておきましょう。

覚えておきたいスーツのマナー4つ

1、ジャケットのボタンの1番下は外す

2つボタン、3つボタンでもジャケットどちらも、1番下のボタンは止めないのがマナーです。

3つボタンの場合、上のボタンが襟に隠れている場合があります。その場合は真ん中のみ止めましょう。

2、座る時はジャケットのボタンを外す

立っている時は1番下のボタンだけ外しますが、座る時は全て外しましょう。

そうすることでジャケットにシワが入らず、綺麗に見えます。

座る時にさりげなく外し、立つ時にはさりげなくボタンを掛けられるようになるとスマートです。

3、ジャケットの外のポケットにものを入れない

ジャケットの左右の外側にポケットが2つありますが、これは基本的に使いません。

物が入って膨らんでしまうと、ジャケットのシルエットが不恰好になってしまうからです。

スマホやメモは胸にある内ポケット、ハンカチはパンツのポケットに入れるようにしましょう。

4、ジャケットは脱いだらハンガーに掛けブラッシングする

スーツを1日着た後は、ハンガーに掛けてシワを伸ばしましょう。

さらにブラッシングでホコリや繊維の絡まりを取ると綺麗に長持ちします。

かっこよく着こなすために、スーツを手入れするのもマナーです。

スーツを着こなすだけで、印象を変えることができる

スーツの選び方からマナーまで紹介しました。着る人のイメージを大きく左右するスーツなので、自分の体に合ったサイズで着こなせると真面目さ誠実さを最大限に演出できます。この記事を参考にお店で気に入ったスーツを試着してみてください。