Tailor Mag Produced by  Hi TAILOR

「いつもの自分」より少し上を目指す、ビジネススタイルマガジン

  • SNS

order suits

コスパ重視の方必見!オーダースーツが安いおすすめ店5つ!

オーダースーツ

2020.10.10

Toshiya

Tailor Magでライターをさせてもらっています、Toshiyaです。普段は商社で営業をしていますが、学生時代からアパレルには興味があり、最近ではスーツやシャツなどのビジネスウェアについて勉強しています。上手い着こなし方やビジネススタイルについてのアドバイスなどを伝えていけたらと思っています。

Tailor Magでライターをさせてもらっています、Toshiyaです。普段は商社で営業をしていますが、学生時代からアパレルには興味があり、最近ではスーツやシャツなどのビジネスウェアについて勉強しています。上手い着こなし方やビジネススタイルについてのアドバイスなどを伝えていけたらと思っています。

自分の体型や身体に合ったスーツをピシッと着ている人って、それだけで格好良く見えてデキるビジネスマンって感じがしますよね。

僕がはじめてスーツを買ったときは、なんだか着られている感じがして、どうしても”新人感”が抜けきれませんでした。

そこから格好良くスーツを着こなしている先輩に聞いたり、色々調べていくうちにオーダースーツに出会います。

最初は「オーダースーツって高そう」「自分にはまだちょっと敷居が高いな」と思っていたんですが、きちんと調べてみるとなかには社会人4年目の僕でも手が出せるような、手頃な価格帯のオーダースーツ店がいくつかありました。

そこで今回は、私が実際にオーダースーツを作った経験から、オーダースーツのメリット・デメリット、既製品との違いを簡単にご紹介した上で、安い値段で高品質のオーダースーツが作れるおすすめのお店をご紹介したいと思います。

オーダースーツの人気の秘密!既存のスーツとの違いとは?

まずは、オーダースーツがなぜ人気なのか、オーダースーツのメリット・デメリット、既製品との違いについて簡単にご紹介します。

オーダースーツのメリット

  • 自分の体型にあったスーツを作れる
  • 自分好みのデザインで作れる

自分の体型にあったスーツを作れる

オーダースーツは自分の体型に合うようにカスタムして作るため、既製品だと妥協していた細かい部分のサイズがぴったりと合う1着を作れます。

自分の体にジャストフィットしたスーツは、動きやすくて着心地が良く、1日を快適に過ごせるようにしてくれます。

さらに、オーダースーツはジャストサイズで作るため、新卒の頃の僕のように”スーツに着られている”ような見た目にもならず、全体的にすっきりと洗練された見た目を作ってくれます。

どんなに素材やデザインが良くてもサイズの合っていないスーツを着こなすのは難しいですよね。

その点、オーダースーツなら体型に合った1着を手に入れられるため、着こなしに自信の無い方でも簡単にピシッとした姿に。


またオーダースーツは自分だけのオンリーワンのスーツです。

そういった特別な1着は、着るだけで身も心も引き締まり、気分を高揚させてくれるんじゃないかと僕は思います。

ちなみに僕は、大事な商談や重役との会議があるときは、決まってオーダースーツを着ていくようにしています。

自分好みのデザインで作れる

既製品のスーツでもデザインの良い商品はあるのですが、「完全に自分の好みのデザイン」にはなかなか出会えないものです。

というのも、既製品のスーツはできるだけ多くの人のニーズや目的に合うように作られているから。

なので、どうしても既製品のスーツは無難なデザインのものが多くなってしまう傾向があります。

でも、オーダースーツなら自分のこだわりに合わせたデザインで作ることができます。

全体的なデザインだけでなく、ピンポイントで自分のこだわりや遊び心を取り入れたりなど、細かいところまでこだわることができるのも魅力です。

オーダースーツのデメリット

  • 完成までに時間がかかる
  • 完成するまでどのようなオーダースーツになるかわからない

完成までに時間がかかる

オーダースーツは注文してから作り始めるので、どうしても手元に届くまでに時間がかかってしまいます。

納期が早いパターンオーダーでも約2週間〜、フルオーダーともなると1ヶ月〜2ヶ月くらいの製作期間が必要です。

結婚式や重要な会など、もしオーダースーツを着用したい日にちが決まっているのであれば、きちんと逆算して早めに注文するようにしましょう。

完成するまでどのようなオーダースーツになるかわからない

オーダースーツは完成するまで実際のスーツを手にとって確認することができません。

この点はオーダースーツならではのデメリットだと言えます。

「きちんとイメージ通りのオーダースーツに仕上がるのだろうか」「ちゃんとイメージが伝わっているのかな」といった不安も多少あるかと思いますので、そういう場合は遠慮なくスタッフに伝えるようにしましょう。

細かい要望や相談をしていくことで、こういったオーダースーツのデメリットはある程度解消していくことが可能です。

既製品との違い

  • 既製品にはないサイズ感、そこから生まれる着心地がオーダースーツにはある
    ⇒その分オーダースーツは体型の変化にシビアな面も
  • メーカーによっては修理も可能

既製品にはないフィット、着心地がオーダースーツにはある

既製品のスーツは、日本人の平均体型で作られていることがほとんどなので、その中から自分の体型にぴったり合ったスーツを探すのは一苦労です。

どんなに素材やデザインが良くても、サイズの合っていないスーツでは「デキるビジネスマン」を演出することはできません。

その点、オーダースーツならご自身の身体を採寸して作るので、サイズの”負”を解消することが可能です。

またサイズが合ったスーツだと、動きに対する身体へのストレスも少なくなるので、着心地が良いと感じられるでしょう。

その分、オーダースーツはウェストや胸囲、肩幅といった体型の変化に影響を受けやすいという面は忘れないように!

メーカーによっては修理も可能

せっかく自分の体型に合わせて作ったオーダースーツだからこそ、今までのスーツよりも丁寧に扱いたいという気持ちにもなりますよね。

着れば着るほど愛着が湧いてきますし、長く愛用していきたいと思うものです。

そういった方にぜひ覚えておいてほしいのが、オーダースーツのブランドによっては、パーツの交換や修理を行ってくれるところもあるということです。

多くのオーダースーツ店では購入後のある一定期間内であれば、無料でお直しをしてくれます。

またお直し以外にも、不意にスーツを傷つけてしまったりした場合には、最適な方法で修理をしてくれるブランドもありますので、安心してオーダースーツをヘビーユーズしていきましょう。

オーダーの仕方が安さのカギ?3つのオーダー方法について解説

オーダースーツには3つのオーダー方法があります。

オーダースーツブランドのHi TAILOR(ハイ・テーラー)の見解を参考に、特徴をまとめてみました。

パターンオーダー
  • ・既製の型紙を元に、体型に近いものをセレクト
  • ・調整箇所が限られている
  • ・低価格・短納期
イージーオーダー
  • ・各パーツを既製の型紙を元に調整、パターンオーダーよりも調整可能箇所が多い
  • ・パターンオーダーよりも選べる生地やデザインの幅が広い
  • ・体型補正が可能
  • ・カスタマイズ性、価格はちょうど中間といった感じ
フルオーダー
  • ・オリジナルの型紙を作成する
  • ・カスタマイズできるパーツが多いため、最も理想に近いスーツが作れる
  • ・体型補正が可能
  • ・その分、値段は高くなり、納期も長くなる

パターンオーダー

パターンオーダーは、既存のサイズ・シルエットを元に自分の体型に1番近い型を選んで作るオーダー方法。

着丈・袖丈・ウエスト・裾丈など、限られたパーツのみサイズの調整を行うため、既製品よりも少し自分の身体に合うようにするといったイメージに近いでしょう。

製作工程のほとんどを機械で行うので、他のオーダー方法と比較して納品までの期間が短く、オーダーの中でも安い価格で作れるのが特徴です。

イージーオーダー

イージーオーダーは、パターンオーダーよりも細かい箇所のサイズ調整が可能。

工場で用意されているゲージ服を使って、採寸したサイズに最も近い型を選んでいきます。

またイージーオーダーでは体型補正ができるため、細身の方はスリムなシルエットにするなど、より綺麗に見えるオーダースーツの作成が可能です。

フルオーダー

フルオーダーは、ほぼ全ての箇所を自分の身体に合わせて調整できる最も自由度が高いオーダー方法。

型紙の作成から縫製まで、職人が手作業で行っていくオーダーメイドのスーツとなっているので、理想に1番近いスーツを仕立てることができます。

パーツの選択肢も非常に多いため、細かいところまでこだわり抜きたいという方におすすめ。

その分、他のオーダー方法よりも技術や生産工程が多くなるため、価格が高く納期も数ヶ月掛かる場合があります。


このように、各オーダー方法によって商品の仕上がりはもちろん、金額や納期も変わってきます。

初めてオーダースーツを作るなら、価格の面でも、敷居の低さという面でも「パターンオーダー」か「イージーオーダー」のお店を選ぶのがおすすめです。

オーダースーツが安い、コスパが良いおすすめ店5選!

それでは最後に、安い価格帯でオーダースーツが作れるショップのおすすめ5店舗をご紹介します。

Hi TAILOR(ハイ・テーラー)

Hi TAILOR(ハイ・テーラー)のオーダースーツは、三越伊勢丹がこれまで培ってきた経験・ノウハウ有名デザイナーの監修によって実現した高品質なオーダースーツです。

最新の技術によって採寸も含めて全てスマホ上で行えるなど、注文は全てオンラインで完結。

いつでもどこでも手軽にオーダースーツの注文ができるため、忙しいビジネスマンにもおすすめです。

オーダーで不安なところなどは経験豊富なスタッフに相談可能。オンライン完結型サービスなので実店舗に行く必要がなく、時間の短縮といった視点でもコスパに優れています。

ブランド名 Hi TAILOR(ハイ・テーラー)
ブランドの特徴、
他社との違い
  • ・来店不要・オンライン完結型サービス
  • ・三越伊勢丹ならではのクオリティ
  • ・有名デザイナー監修
  • ・スマホで簡単採寸
  • ・サイトの問い合わせ機能からプロのスタイリストに相談可能
  • ・初回お直し無料
価格帯 35,000円(税抜)〜
納期 最短3週間程度
オーダータイプ パターンオーダー
HP https://www.hi-tailor.jp/

Global Style(グローバルスタイル)

全国21箇所にオーダースーツ店を展開する「Global Style」。

約5,000種類以上の豊富な生地でコスパに優れたモダンでスタイリッシュなオーダースーツが作れます。

無料お直し期間や全額返金サービスなどアフターサービスも充実。

ブランド名 Global Style(グローバルスタイル)
価格帯 38,000円(税抜)〜
納期 約4週間程度
オーダータイプ パターンオーダー

UNIVERSAL LANGUAGE MEASURE’S(ユニバーサルランゲージメジャーズ)

専属スタイリストによるきめ細やかな接客や、多彩なバリエーションが特徴のオーダー専門店「UNIVERSAL LANGUAGE MEASURE’S」。

100万通りものバリエーションからモダンでスタイリッシュな自分に最もフィットするスーツが作れます。

ブランド名 UNIVERSAL LANGUAGE MEASURE’S(ユニバーサルランゲージメジャーズ)
価格帯 39,000円(税抜)〜
納期 約3週間程度
オーダータイプ パターンオーダー

麻布テーラー

定番から高級生地まで、約3,000種類もの豊富なラインナップが人気の「麻布テーラー」。

バリエーション豊富なデザインから自分にぴったりの1着を作りたい方におすすめです。

無料お直し期間が6ヶ月と長いのも特徴です。

ブランド名 麻布テーラー
価格帯 40,000円(税抜)〜
納期 約6週間程度
オーダータイプ パターンオーダー

KASHIYAMA

上品な着心地を、低価格・短納期で。オーダーメイドの民主化を掲げる「KASHIYAMA」では、オーダースーツが30,000円〜という驚きの低価格で購入可能。

さらに納期は最短1週間。安く早くオーダースーツを手に入れたい方におすすめです。

ブランド名 KASHIYAMA
価格帯 30,000円(税抜)〜
納期 最短約1週間程度
オーダータイプ パターンオーダー