Tailor Mag Produced by  Hi TAILOR

「いつもの自分」より少し上を目指す、ビジネススタイルマガジン

  • SNS

order suits

スーツの生地の選び方 生地の特徴を比較

オーダースーツ

2021.02.06

Joe

社会人になってからずっとこだわってきたスーツや小物など、ビジネスシーンの必需品について様々な情報を提供していけたらと思います。「落ち着きがあって大人っぽい」そんな印象を与えられるような、テクニックやノウハウについて執筆していきます。

社会人になってからずっとこだわってきたスーツや小物など、ビジネスシーンの必需品について様々な情報を提供していけたらと思います。「落ち着きがあって大人っぽい」そんな印象を与えられるような、テクニックやノウハウについて執筆していきます。

スーツ生地の選び方 生地の特徴を比較

スーツの印象を決める際に重要なポイントである「生地」ですが、みなさんはそれぞれの特徴を理解して正しくスーツ生地を選ぶことができているでしょうか?

せっかく自分の体に合うよいスーツを選んだにもかかわらず、生地選びに失敗して微妙な見た目になっていませんか?

生地にまでこだわりがなかった方もこの記事を参考にすることで、生地の特徴や選び方がわかるようになり、よりスーツを楽しめるようになるでしょう。

スーツの産地ごとに比較すると、様々な特徴がありますので参考にしてみてくださいね。

産地でスーツの生地を比較

スーツの生地の有名な産地が3ヶ国あります。それがイタリア・イギリス・日本の3つです。それぞれの産地ごとによって、様々な特徴があります。

産地ごとに特徴を掴むことで、自分好みの生地を選ぶことができますよ。

イタリア

特徴

イタリア産の生地は細糸を使用し、横糸に単糸と呼ばれる系が1本で作られた生地が多いです。
そのため生地が軽く、肌触りが滑らかで柔らかいのが特徴です。後述しますが、二本の糸を使うイギリスのものとは対称的です。

また、触り心地が良いだけではなく見た目にもこだわりがあり、色の種類が豊富であるにも関わらず発色がとてもよいことから人気があります。
人気の要因としては、カラーバリエーションの豊富さだけではありません。イタリアのメーカーは毎シーズンごとに、新作のスーツを出してくることから消費者のニーズにあったものを作り続けています。

一方で、イタリア産の生地は細糸を使用しているため、イギリス産や日本産の生地と比較すると強度の面で問題があります。

ちなみに、代表的な産地としてはビエラが有名です。おしゃれに着こなしたいと思う方は、イタリア産のスーツがおススメです。

代表的なブランド

  • エルメネジルド・ゼニア
  • ロロ・ピアーナ
  • カノ・ニコ

イギリス

特徴

イギリス産の生地に使用される糸は、イタリア産のものと比較すると太い糸を使います。
その太い糸を使い、双糸と呼ばれる糸が2本よったもの同士で織っていくことで、耐久性に優れている生地が特徴。寒冷地イギリスが発祥なので、防寒効果も抜群です。

触り心地としては張りやコシがあり、生地そのものは厚く硬めになっています。
なので、イギリス産のスーツは他の産地のスーツと比較してもがっちりとしていて、重量は少し重く、ずっしりと鎧のように身体を守ってくれるような生地です。

カラーバリエーションについては、英国紳士と呼ばれるだけあって、黒やグレーなどの定番の色柄が多くそろっています。
もう一つ大きな特徴して、強くはっきりとしている幅が広いストライプ柄やチェック柄が挙げられます。

代表的な産地としては、ハダースフィールドが有名となっています。

ベーシックでトラディショナルなデザインのスーツならばイギリス産の生地がぴったり。
結婚式や出展イベントなど、格式があるような式典に出席するのに頼れる一着に仕上がります。

代表的なブランド

  • スキャバル
  • ハリソンズ オブ エジンバラ
  • ジョンフォスター
  • ドーメル

日本

特徴

最後に、私たちが住んでいる「日本産」の生地について特徴をまとめていきます。
そもそも、日本産の生地で作られたスーツなんてあるの?と思った方もいると思いますが実はあります。

日本のスーツのルーツはイギリスと言われているため、イギリス産のスーツに似通っている部分があり、ハリがあってかっちりとしており、耐久性にも優れています。
包み込んで守ってくれるような、重厚感と存在感を兼ね備えるようなスーツを得意としています。

その品質の高さから、Paul Smith やバーバリーといったイギリス紳士服メーカーだけでなく、アルマーニやD&Gといったイタリアの紳士服メーカーにも日本産の生地が提供されています。

しかし、イギリスと比べると、スーツを普段着ではなく「ビジネスの場の制服」と捉える日本ならではの合理的な発想が詰め込まれています。
実際に着ているときの機能性に特化しているものが多く、カラーバリエーションも比較的多いです。
洗えるスーツがまさに機能性に優れたスーツと言えるのではないでしょうか。

他にも上記で紹介したイタリア産やイギリス産のスーツと比較すると、価格が安い点が挙げられます。

愛知県西部の「尾州」の近辺で多く生産されています。19世紀から織物産業が発達したこの地域では、今もなお世界で活躍する生地メーカーが多数点在しています。
国内外のスーツの世界では「尾州」はひとつの合言葉のようなものになっています。

急な葬式でスーツが必要になった場合や、初めてスーツを着ることになる就活生におススメのスーツではないでしょうか。

代表的なブランド

  • 御幸毛織
  • ニッケ
  • 葛利毛織

【明日から使える!】生地タグを見る方法

ここまでイギリス・イタリア・日本の3ヶ国についてスーツに使われている生地の特徴をまとめてきました。

それぞれの魅力がわかったところで、実際に「良い生地」を選ぶための方法も解説していきます。

ずばり、スーツについている「生地タグ」というものを見てみましょう。

生地タグって何?

生地タグとは、購入するスーツの生地やブランドが記載されていくタグのことを言います。

スーツを選ぶときは、生地タグを見ることでどこのブランドなのか、どこで作られた生地なのか知ることできますよ。

生地タグの見方

生地の見方は上から以下のものを示します。

  • 産地
  • ブランド名
  • カテゴリー
  • 素材

スーツを購入するうえで、必ず必要となる情報なので確認しておきましょう。

SUPER表示とは

さきほど説明した生地タグの素材が記載されているところに、「SUPER」と表示されているタグに気が付いたでしょうか。

SUPER表示とは、ウールのみに使用される原毛の品質ランクのことを指しており、「原毛の細さ」を表しています。

そもそもウールの原毛は、ふわふわとして柔らかいのが特徴で、ウールを使って織ることで軽く仕上がります。そして細いほどよく、長いほどよく、ちぢれが多いほど高品質となります。

つまり、覚えていて欲しいことはSUPER表示の値が高いほど生地が高価にはなりますが、その分スーツの品質が良くよいものだということを知って頂けたらと思います。

季節に合わせた生地の選び方

ここまで産地ごとに生地の特徴や、把握の仕方をまとめてきましたが、最後に季節ごとに合わせた生地の選び方について比較します。

日本では春夏秋冬があり、天候も大きく変わりますのでそのときにあった生地を選んでいくと快適に着ることができますよ。

スーツの生地はそれぞれ夏・冬・春秋冬(スリーシーズン)があります。これら3つの生地は、厚さと織り方に大きな特徴があります。

基本的に夏に適する生地が薄く、冬に適する生地は厚くなっており、織り方については平織と綾織の2種類が存在します。

暑い夏には平織

日本に住んでいて印象的なのは、暑い夏なのではないでしょうか。

スーツの織り方は、日本の暑い夏に対応するため平織が採用されています。平織とは、縦糸と横糸が1回ずつ浮き沈みさせるような織り方で、通気性がとてもよくなります

特徴は、夏の暑い日にスーツを着ることができるように考えられているため、生地の表面はツヤがないです。また、耐久性も少し低いですね。

スリーシーズン使える綾織

二つ目の織り方は、綾織と呼ばれる織り方です。

あまりなじみのない方も多いと思いますが、主にスリーシーズン使えるようなスーツの生地に使われています。

綾織は、平織とは違い縦糸と横糸の浮き沈みを繰り返しさせる織り方です。

特徴としては、斜めに模様のようなものが浮き出る織り方で、平織よりも生地表面にツヤが出やすいということがあります。

さらに、スリーシーズンで使えるということで、触り心地ななめらかで耐久性があり、保温性も抜群ですよ。

まとめ

様々な視点からスーツの生地について比較してきましたが、いかがだったでしょうか。

一概にスーツといっても色々な特徴があり、それぞれのスーツごとに特色を把握しておくことで、正しく快適にスーツを着こなすことができます。

夏にスリーシーズン用のスーツを着ても力を発揮しないので、気を付けてくださいね。