Tailor Mag Produced by  Hi TAILOR

「いつもの自分」より少し上を目指す、ビジネススタイルマガジン

  • SNS

order suits

グレージャケットのコーデのコツ

オーダースーツ

2021.03.30

Joe

社会人になってからずっとこだわってきたスーツや小物など、ビジネスシーンの必需品について様々な情報を提供していけたらと思います。「落ち着きがあって大人っぽい」そんな印象を与えられるような、テクニックやノウハウについて執筆していきます。

社会人になってからずっとこだわってきたスーツや小物など、ビジネスシーンの必需品について様々な情報を提供していけたらと思います。「落ち着きがあって大人っぽい」そんな印象を与えられるような、テクニックやノウハウについて執筆していきます。

フォーマルなスーツスタイルにも、カジュアルな普段着使いにも使いやすいグレーのジャケットは1着持っていて損のない便利なアイテムです。

特に2021年に入ってからは淡いペールトーンも流行しているので、季節を選ばず簡単にトレンドを取り入れることができます。

この記事では、グレージャケットの着こなしポイントからコーディネートまでたっぷり紹介します。

グレージャケットの着こなしポイントは2つ

フォーマルとカジュアルのどちらのシーンにおいても、ジャケットはあなたの第一印象を大きく左右するアイテムです。

グレーはスーツの中では定番色ですが、新しい色味に挑戦するのは緊張してしまいますよね。

ここでは、グレージャケットの「色味」と「素材」に着目して、グレージャケットの選び方を紹介します。

グレーの濃さは大きく分けて3種類

「グレー」と一口に言っても、その色味には様々な種類があります。

「グレーのジャケットが欲しいな」と思ったら、まずは「どんなグレーか?」から考えるのがよいでしょう。

大きく分けて、色が濃い順に「チャコールグレー」「ミディアムグレー」「ライトグレー」の3種類があることを知っておくと、シーンに合わせて選びやすいです。

最大の魅力は、合わせる小物を選ばないこと。グレーは「無彩色」と呼ばれ、他の色にほとんど影響しないので毎朝コーディネートに悩むこともなくなります。マフラーやコートなど、小物が多くて着膨れしてしまいがちな秋冬には特に大活躍してくれるでしょう。

では、それぞれの色味について順番に見てみましょう。

チャコールグレー

チャコールグレーは、ほとんど黒に近い濃い色味です。

黒やネイビーほどパキッとしていないので、落ち着いた雰囲気と柔らかさの両方を演出することができます。

他の色味に比べてチェックやストライプなどの柄物が多いのも特徴のひとつで、相手に知的な印象を与えつつも、さりげないお洒落を楽しみたい方にぴったりの色味ではないでしょうか。

ミディアムグレー

色鉛筆の「灰色」のような、いわゆる「グレー」の色味がミディアムグレーです。

チャコールグレーと比べると白がより多く混ざった淡い色なので、落ち着きや上品さに加えて爽やかな印象も与えることができます。

ライトグレー

ライトグレーは3色の中では最も淡い、ほとんど白に近い色味です。レフ板効果によって顔色が明るく見えるので、どんな場でも相手に好印象を与えることができます。

色味が薄いからこそ、ネクタイや靴の色で雰囲気がガラリと変わるのも嬉しいポイント。

渋めのネクタイと革靴を合わせればフォーマル向きに着こなせますし、柄物やスニーカーと合わせれば気軽なお出かけにもってこいです。淡いグレーによって軽やかな雰囲気が出ますので、春夏にジャケットコーディネートを楽しみたい方には特におすすめです。

素材やシルエットにも気を配ろう!

色味だけでなく素材やシルエットも、ジャケットの印象を大きく変えてくれます。

春夏はサマーウールやモヘヤ、リネンであれば涼しく着ることができます。また、秋冬はツイードやウール素材でシックに着こなしましょう。近年ではジャージ素材やナイロン素材、レザーも登場しています。

初心者の方は、最初から素材にまで気を配れないかもしれませんが、こういう選び方もあるくらいに把握しておくと、参考になるかもしれません。

グレージャケットのコーディネート

グレージャケットの種類がわかったところで、今度は実際のコーディネートのポイントを見ていきたいと思います。

グレージャケット × グレースラックス

このコーディネートは、セットアップのような見た目でカッチリとした印象を与えます。

少しくだけたビジネスの場や、かしこまった食事会など、フォーマルな場面で大活躍してくれるでしょう。

よりカジュアルに着こなしたい時はインナーと靴で調節するのがおすすめ。

チェックシャツやニットなどの季節に合わせたインナーを着て、スニーカーやスリッポンを合わせれば、大人の余裕漂うお洒落な雰囲気も演出できます。

グレージャケット × 濃紺デニム

グレーとネイビーのコントラストが知的な印象を与えるこのコーディネート。

オフィスカジュアルとしてビジネスの場はもちろん、劇場やレストランなど、日常の少しかしこまった場面にもぴったりです。

遊び心を加えるなら、靴やズボンでさりげなくアピールするのがポイントです。

明るい茶色の革靴にしたりブーツにするだけで印象がガラッと変わります。

ジーンズはタイトめのものでも良いのですが、最近はストレートのものが流行しています。

グレージャケット × ベージュチノパン

とことんカジュアルに着こなしたいなら、この組み合わせはどうでしょうか。

チャコールグレーのジャケットと合わせれば、洗練されつつもリラックスした印象を与えることができます。

ライトグレーと合わせるなら、ネイビーや濃い緑のカーディガンを中に仕込んでおくのがポイントです。膨張色に締め色をプラスして、スタイルアップを目指しましょう。

チノパンが全体の印象をカジュアルにしてくれるので、例えば「荷物が多くてリュックを合わせたい」という時などにも違和感なく着こなすことができますよ。

ジャケットもパンツもシンプルなので、シャツやネクタイの色・柄で遊んでも楽しいコーディネートです。

グレージャケット × 白スラックス

難易度の高い白スラックスも、グレーと合わせれば簡単に着こなすことが可能です。

インナーにジャケットと同系色のジレを着れば、上品でラグジュアリーなワンランク上のビジネススタイルになります。

カジュアルなスタイルを目指すなら、ぜひ派手な色味や柄のシャツ・セーターに挑戦してみてください。

普段はなかなか着られないようなインパクトのあるアイテムも、グレーシャツと白パンツなら上手くまとめてくれます。例えば、チェックシャツの上に山吹色のセーターを合わせると、親しみやすさがありながらもクラシックな雰囲気のある着こなしになりますよ。

まとめ

スーツの定番色で、近年の流行も簡単に取り入れられるグレージャケット。色味や素材を知ることで、コーディネートの幅は無限大に広がります。カジュアルにもビジネスにも使えるので「買ったものの失敗した……」という心配も少なく、ぜひ1着は持っておきたいアイテムです。あなたもグレージャケットを使って、自分好みのコーディネートを楽しんでください。