Tailor Mag Produced by  Hi TAILOR

「いつもの自分」より少し上を目指す、ビジネススタイルマガジン

  • SNS

order suits

ビジネスコートのスーツに合わせる選び方

オーダースーツ

2021.03.30

Joe

社会人になってからずっとこだわってきたスーツや小物など、ビジネスシーンの必需品について様々な情報を提供していけたらと思います。「落ち着きがあって大人っぽい」そんな印象を与えられるような、テクニックやノウハウについて執筆していきます。

社会人になってからずっとこだわってきたスーツや小物など、ビジネスシーンの必需品について様々な情報を提供していけたらと思います。「落ち着きがあって大人っぽい」そんな印象を与えられるような、テクニックやノウハウについて執筆していきます。

秋冬はもちろん、肌寒い春先にも欠かせないビジネスコート。ビジネススーツと同様に、コートにも選び方のルールがあるのをご存知ですか?

色やデザイン、丈の長さなど、スーツと統一感のあるコートを選ぶのがお洒落に着こなすコツ。とはいえ、正しいビジネスコートの選び方を知っておかないと、ちぐはぐしたコーディネートや残念な印象を与える原因になってしまいます。

そこで今回はビジネスコートの選び方を徹底解説します。ビジネスコートに選ぶべき形、色、丈などビジネスコートの選び方を一緒にマスターしましょう。

ビジネスコートの選び方のコツ

ビジネスコートの選び方のコツを3つ紹介していきます。キーワードは「形」「色」「丈の長さ」です。

形を選ぶコツ

ビジネスコートを選ぶときに迷ってしまうのが形です。今回はビジネスコートに向いている6種類のコートの特徴をまとめました。コートを選ぶときは、いつも着ているスーツとの相性を一番に考えましょう。

ステンカラーコート

トレンチコートから派生したと言われるステンカラーコートは、英語では「バルマカーンコート」と呼ばれています。よくビジネスコートに採用されるシンプルなデザインで、衿の後ろは高く、衿の前は低めなデザインが特徴。

スタイリッシュな見た目を求めている人、THE王道のコートを探している人におすすめです。シンプルなデザインのスーツとの相性は抜群です。

チェスターコート

イギリスの政治家だったチェスターフィールド伯爵が初めて着たとされるチェスターコートも、ビジネスコートの定番。スーツのジャケットのような衿周りが特徴で、コートを着てもネクタイが見えるデザインです。

ジャケットに似たデザインなため、スタイルが綺麗にまとまり、フォーマルなシーンにもぴったり。シンプルかつフォーマル、そしてカジュアルとの相性までもいい万能なコートです。

トレンチコート

ビジネスコートと聞けば、トレンチコートを思い浮かべる人も多いはず。イギリスの軍用コートが発祥とされるトレンチコートは、春先のコートとしても定番です。

カラーは、定番のベージュに加え、ネイビーや黒もスーツと合わせやすく人気です。また、カジュアルコーディネートとの相性が抜群なので、オンオフで使えるコートを探している人にもおすすめ。

ただし、生地は他のコートに比べ薄いため、一番寒い時期には不向きです。

アルスターコート

後ろの衿を立てているような特徴的なアルスターコートも、ビジネススタイルとの相性が抜群。ボタンが2列になっている“ダブル”のデザインで、背中に付いたバックベルトからはクラシックで洗練された印象が漂います。

厳しい寒さで知られる北アイルランドで生まれたアルスターコートだけあって、防寒性は折り紙つき。寒い地域で暮らしている人、人とは違うスタイルを選びたい人におすすめです。

キルティングコート

できるだけ軽いコートがほしい人は、キルティングコートがおすすめ。

他のコートと比べ軽く、動きやすい中綿入りのキルティングコートは、ビジネスコートの定番になりつつあります。すっきりしたデザインに加え、カジュアルな印象もあるので、オンオフで使えるコートとしても人気。

ただし、スポーティーな印象も強いので、フォーマルな場所には不向きです。スーツに合わせるなら、ジャケットより長い丈を選びましょう。

ピーコート

防寒着として生まれたピーコートは冬のコートの定番です。丈が他のコートに比べ短く、ボタンがダブルになったデザインが特徴的です。

デザインはドレッシーではあるものの、カジュアルな印象も強いピーコートを選ぶコツは、丈の長さ。短いデザインはジャケットが見えてしまうため、最低でもジャケットがしっかり隠れる長さを選びましょう。

色を選ぶコツ

ビジネスコートの色選びは、最もフォーマルな印象がある黒を基準に、ネイビー・グレーが定番です。スーツのパンツとの色合いを調整すると、統一感あるスタイルになります。

例えばグレーのスーツなら、コートは暗めの黒やグレーを合わせるとすっきりとした印象。逆に暗い色合いのパンツには、グレーのコートを合わせて濃淡を意識してください。

もし黒×黒など、重めの同系色になるときは、シャツやネクタイ、マフラーの色で全体のバランスを調整ましょう。

コートの丈の長さを選ぶコツ

コートを選ぶときに気を付けてほしいのは、丈の長さです。スーツの裾からジャケットがチラ見えしてしまうと、せっかくかっこいいコートやスーツでもだらしない印象が残ってしまいマイナスです。

コートの丈の長さは、短くて太腿の中ほど、長くても膝上の丈を選びましょう。もちろん、カジュアルスタイルOKの職場であれば、短めでも構いませんが、きちんとした服装が求められるシーンには不向きです。

ビジネスコートを選ぶ際のNGポイント

ビジネスコートの選ぶコツを押さえたところで、次は覚えておきたいNGポイントをチェックしていきます。

オーバーサイズはNG

最近流行りのオーバーサイズは、ビジネスシーンには不向きです。ビジネスコートは肩幅に合わせたサイズを選び、丈が長すぎたり、肩幅が広すぎるデザインは避けましょう。

ビジネスシーンで最も大切なのは、清潔感あるきちんとしたスタイルを選ぶこと。コートにせよ、スーツにせよ、自分にジャストフィットするサイズを選ぶのがルールです。

ジャンバーやマウンテンパーカーはNG

ビジネスにカジュアルのアイテムを選ぶときは注意してください。最近よく見かけるのが、スーツにマウンテンパーカーやダウンを合わせたスタイルのビジネスマン。

内勤だけであれば問題はありませんが、取引先と接することがあるビジネスマンにはおすすめできません。カジュアルなジャケットにビジネススーツは、ちぐはぐした印象が生まれてしまいます。

定番のステンカラーやチェスターコートは、フォーマルでもビジネスでも活躍する万能なアイテムです。例えば、冬場に結婚式に行くときや転職の面接など、1着持っておいて損はありませんよ。

流行りのデザインや色はNG

スーツのデザインやスタイルにも流行りがあるように、コートもその年によって人気のスタイルが登場します。「雑誌に載っているから」「芸能人が着ていたから」など、コートを選ぶ理由は人それぞれですが、コートは流行は追わないのがおすすめ。

というのも、ステンカラーコートやチェスターコートを筆頭に、スーツのコートは長い間ビジネスシーンで愛されてきたデザインです。つまり、1着持っておけばずっと着続けることができるんです。

どうせ買うからには、トラディショナルなデザインと上質な素材を選び、長く大切に着るを意識してくださいね。