Tailor Mag Produced by  Hi TAILOR

「いつもの自分」より少し上を目指す、ビジネススタイルマガジン

  • SNS

order shirts

ボタンダウンシャツ、クールビズはOK?マナー違反になるシーン、ならないシーン

オーダーシャツ

2021.02.26

Toshiya

Tailor Magでライターをさせてもらっています、Toshiyaです。普段は商社で営業をしていますが、学生時代からアパレルには興味があり、最近ではスーツやシャツなどのビジネスウェアについて勉強しています。上手い着こなし方やビジネススタイルについてのアドバイスなどを伝えていけたらと思っています。

Tailor Magでライターをさせてもらっています、Toshiyaです。普段は商社で営業をしていますが、学生時代からアパレルには興味があり、最近ではスーツやシャツなどのビジネスウェアについて勉強しています。上手い着こなし方やビジネススタイルについてのアドバイスなどを伝えていけたらと思っています。

クラシックでありながらも、カジュアルさも兼ね備える「ボタンダウンシャツ」。衿の先端をボタンで留めるため衿の形が崩れにくく、ネクタイがなくとも首回りが綺麗にまとまるシルエットが人気です。

日本では最近、クールビズやビジネススタイルの軽装化が進み、「ノーネクタイにはボタンダウン」が定着しつつありますよね。

でも、「カジュアルな印象があるボタンダウンシャツは、ビジネスシーンでマナー違反にならないか……」と、迷ったことはありませんか。マナーや着用OKなシーンを知らずにいると、どんなに素敵なスタイルでも残念な印象を与えているかもしれません。

そこで今回は、ボタンダウンシャツ着用の注意点を解説していきます。着用シーンやマナーをマスターして、ノーネクタイでもかっこよく決まるボタンダウンシャツを着こなしましょう。

ボタンダウンシャツとは、どんなシャツか

まずは、ボタンダウンシャツの特徴と歴史からチェックしていきます。

ボタンダウンシャツの特徴

ボタンダウンシャツの最大の特徴は、衿の先がボタンで身ごろに固定されていることです。衿先が固定されると第一ボタンを外しても衿が広がることなく、他のシャツに比べて衿が綺麗に立ちます。

ノーネクタイでも首回りがだらしなく見えないことから、クールビズやカジュアルなスタイルとの相性が抜群です。

ただ、ネクタイと合わせていけない訳ではありません。アメリカントラッドのスタイルには、ネクタイとボタンダウンシャツがよく似合います。

ボタンダウンの歴史

ボタンダウンシャツの誕生は、1896年までさかのぼります。

ボタンダウンシャツを生み出したのは、アメリカで紳士服などを手がけるBROOKS BROTHERS(ブルックスブラザーズ)です。

実は、ボタンダウンシャツの正式名称は「ポロカラーシャツ」。創業者の孫、ジョン・E・ブルックスが乗馬スポーツのポロを観戦中、選手がシャツの衿を邪魔にならないよう留めている姿を目にします。

そこから発想を得て、ポロカラーシャツを仕立てたところ大ヒット。今までなかったスタイルは、アメリカアイビーリーグの学生らから圧倒的な支持を集め、瞬く間に確固たる人気を確立していきました。その後各国に広がり、今では世界の定番となっています。

一瞬のひらめきによって、125年以上愛されるアイテムを生み出すとはすごいですね。

ビジネスシーンでボタンダウンシャツはOK?

スポーツから生まれたボタンダウンシャツは、カジュアルな印象が強いと言われています。ボタンダウンシャツをビジネスシーンで着こなすには、いくつかのポイントを押さえましょう。

日常のビジネスシーンはOK。クールビズとの相性もいい

結論から言うと、普段のビジネスシーンでボタンダウンシャツを着用することは問題ありません。ネクタイと組み合わせてもOKです。

最近では、クールビズ期間だけでなく、年間を通してカジュアルダウンした服装が許されているビジネスマンも多いですよね。

ネクタイなしでも清潔感と知性を演出できるボタンダウンシャツは、職場での勤務や社内のミーティングなど、ノーネクタイOKのシーンにおすすめです。

また、ボタンダウンシャツのメリットは、クールビズでもネクタイでも使いまわせる点です。ネクタイを付けることを想定したレギュラーカラーは、ノーネクタイだと物足りない印象を与えてしまうことも。ノーネクタイには、ノーネクタイ向きの衿を選んでくださいね。

オフィスカジュアル・ノーネクタイの着こなしは、こちらの記事で詳しく紹介しています。

面接や商談など“きちんと”が求められる場には向いてない

気を付けたいのは、面接や商談などきちんとした服装を求められる場面。先ほどから紹介している通り、ボタンダウンシャツはカジュアルな印象が強く、「スーツとボタンダウンシャツなんて常識を知らない」と考える人もいます。

アメリカントラッドやアイビースタイルを作るのに欠かせないボタンダウンシャツですが、面接や商談には向きません。

面接や商談の場は、フォーマルな場所と考え、クラシックなレギュラーカラーで臨むようにしましょう。TPOに応じたアイテムをセレクトできるのも社会人のマナーですね。

面接ではどんなシャツを着るべきかは、こちらの記事で詳しく紹介しています。

ビジネス以外でボタンダウンシャツが似合うシーンとは?

ビジネス以外では、どんな場面にボタンダウンシャツが適しているのでしょうか。ボタンダウンシャツが向いているシーンと、向いていないシーンをそれぞれ解説していきます。

向いてるシーン:カジュアルなシーン

ボタンダウンシャツは、カジュアルなシーンとの相性が抜群。ネクタイはきちっとした印象を与えられる一方、カジュアルな場面だと重くなりすぎてしまうこともあります。そんなときは、ボタンダウンシャツの出番です。

ボタンダウンシャツでノーネクタイのスタイルにするときは、第一ボタンを外すのがルールです。ボタンを外すと衿が綺麗に立ち、Vラインに立体的な動きが生まれます。ネクタイがなくても清潔感がキープできます。

休日のお出かけや気の知れた友人と食事、デートなど、日ごろのコーディネートでボタンダウンシャツは活躍します。

デキる雰囲気をプラスしたいときは、ジャケパンスタイルに合わせてもOK。アメトラを意識したコーディネートにもばっちりです。

向いてないシーン:結婚式やドレスコードのある場所

逆にボタンダウンシャツが向かないのは、結婚式やドレスコードのあるようなフォーマルな場所です。

カジュアルなアイテムは、冠婚葬祭などのシーンでは避けるのがマナー。結婚式や冠婚葬祭では、基本のレギュラーカラーやスプレッドカラーのシャツを選びましょう。

ただ、結婚式の二次会は雰囲気や会場によってボタンダウンでもOKなことも。例えば居酒屋やカフェなどカジュアルな会場、「ノーネクタイ」を求められたときは、ボタンダウンシャツを選ぶことで清潔感ある“きちんとしたスタイル”が作れます。

結婚式に参加する際のワイシャツの選び方は、こちらの記事で詳しく紹介しています。

クールビズにはボタンダウンシャツがぴったり

今回はボタンダウンシャツの特徴や歴史、着用OKなシーンを解説してきました。

もう一度ポイントを振り返っておきましょう。

  • ボタンダウンシャツはカジュアルでスポーティーな印象が強い
  • 通常のビジネスシーンならボタンダウンシャツは着用OK
  • クールビズのノーネクタイとの相性が抜群
  • 結婚式や商談などオフィシャルなシーンではNG

4つのポイントを意識すれば、相手にネガティブな印象を持たれる心配はありません。ぜひボタンダウンシャツをかっこよく着こなしてくださいね。