Tailor Mag Produced by  Hi TAILOR

「いつもの自分」より少し上を目指す、ビジネススタイルマガジン

  • SNS

order shirts

おしゃれなワイシャツの選び方 価格別におすすめブランドも紹介

オーダーシャツ

2021.03.30

Joe

社会人になってからずっとこだわってきたスーツや小物など、ビジネスシーンの必需品について様々な情報を提供していけたらと思います。「落ち着きがあって大人っぽい」そんな印象を与えられるような、テクニックやノウハウについて執筆していきます。

社会人になってからずっとこだわってきたスーツや小物など、ビジネスシーンの必需品について様々な情報を提供していけたらと思います。「落ち着きがあって大人っぽい」そんな印象を与えられるような、テクニックやノウハウについて執筆していきます。

フォーマルな場面はもちろん、日常のコーディネートにも数多く登場するワイシャツ。なんとなく選んで着用している方も多いのではないでしょうか。しかし、ベーシックなアイテムだからこそ、こだわってみると新たなお洒落の扉が開けるかもしれません。

この記事では、ワイシャツをお洒落に着こなすコツを「サイズ感」「デザイン」「素材」の3項目に分けて紹介します。

それぞれ順番に見ていきましょう!

自分に合ったサイズのシャツを選ぶ

まずは、自分に合ったシャツのサイズを把握するところから始めましょう。

チェックポイントは「肩幅」「着丈」「首回り」「裄丈」です。

サイズが合ったシャツはそれだけでスタイルアップを叶えますし、相手に清潔感や洗練された印象をアピールすることもできます。オーバーサイズで着たい、少しタイトに詰めたシャツを着たい、というような明確な意図がない場合はしっかりと自分の身体に合ったものを選びましょう。

自宅で簡単にできる「肩幅」などの詳しい測り方は、下記の記事で詳しく紹介しているのでぜひチェックしてみてください。

デザインでワイシャツを選ぶ

自分のサイズ感がわかったら、次はデザインに注目します。

「デザイン」と一口で言っても、その要素は襟の形や色柄まで様々です。ひとつずつ紹介しますので、ご自分の好みや着用シチュエーションに合わせたワイシャツ選びの参考にしてください。

襟の形で選ぶ

襟はもっとも顔に近い場所のデザインなので、全体の印象を大きく左右します。ワイシャツのお洒落な着こなしの第一歩は首元から、と言っても過言ではないのです。ここでは、無数にある襟型の中から代表的なものを3パターン紹介します。「色や柄で大胆なチャレンジをするのには抵抗がある」という方でも、襟のシルエットにこだわればさりげなくお洒落なコーディネートを楽しむことができます。

レギュラーカラー

その名の通り、その時代に最も一般的な形の襟が「レギュラーカラー」。作られる年代によってデザインに差はありますが、襟どうしの開きは70°〜90°と狭めなのが一般的です。

特に白色のレギュラーカラーは冠婚葬祭やビジネスシーンなど、あらゆるフォーマルな場所で着用することができます。

襟間が狭いためネクタイの結び方で遊びを加えることは難しいのですが、合わせる小物やジャケットを選ばない堅実なデザインなので、何枚持っていても損はないでしょう。

ワイドカラー

「ワイドカラー」は襟間の角度が100°〜140°と広めに作られていることが特徴です。きっちりした印象を与えつつも、レギュラーカラーに比べるとやや柔らかい印象を与えることができます。

おすすめの着こなし方は、ネクタイの結び目を大きくすること。襟の間が広く結び目がよく映えるので、さりげなく一味違うお洒落を楽しむことができます。

ワイドカラーシャツをこよなく愛し、世に広めた英国のウィンザー公の名前がついた「ウィンザーノット」で結べば、エピソードも含めて会話のきっかけになるかもしれません。

ボタンダウンカラー

襟先についているボタンで身ごろと襟を留めておけるのが「ボタンダウンカラー」。もともとはポロ競技の際に襟が邪魔にならないように作られ、世界的な流行を経て今や定番の形として親しまれています。

ボタンダウンカラーを着るときはネクタイをせず、襟台の第一ボタンを開けるのが基本。他の2つの襟型に比べるとカジュアルなので、商談や目上の人と会う際には不向きです。その分、クールビズスタイルやオフィスカジュアルにはぴったりなので、シーンに合わせて使い分けてみてください。

ワイシャツの襟型には、ほかにも「セミワイドカラー」や「ピンホールカラー」「スタンドカラー」など、様々な種類が存在します。一口に「白いワイシャツ」と言っても様々なバリエーションのワイシャツが存在します。

選び方の基準として、まずは「そのシャツはタイをつけて着るか」「ノーネクタイで着るか」を考えると良いでしょう。

色や柄で選ぶ

「スーツに合わせるワイシャツ」と聞けば白を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、色や柄をアクセントにして楽しむこともできます。

たとえば、白地にストライプのワイシャツで洗練された印象を与えたり、チェックシャツで親しみやすさをアピールしたり、選択肢は多岐にわたります。夏場にライトグレーのセットアップを合わせるなら、思い切って濃紺などのはっきりした色を合わせるとスタイルアップも実現することができます。

さらにカジュアルに着こなしたいならデニム素材のものがおすすめです。ネクタイと効果的に組み合わせて、自分らしいコーディネートを完成させましょう。

胸ポケットはアリ?ナシ?

スマートフォンやペン、社員証など、こまごまとしたものを持ち運んでサッと取り出すのに便利な胸ポケット。しかし、イギリスで生まれた本来のワイシャツには胸ポケットはありません。

伝統ある高級ブランドのラインナップを見ても、胸ポケット「アリ」の商品は少数派です。

もちろん絶対にあってはならないという訳ではありませんが、より正統派でクラシカルなスーツスタイルを目指すのであれば、胸ポケットのあるシャツは避けるのが良いでしょう。

逆にアメリカンカジュアルなスタイルを目指す時などは、胸ポケットがある方がサマになる場合もあるので、TPOや組み合わせるスーツに合わせて選べるようになると良いですね。

細かいポイントだからこそ、きちんと押さえておけば周囲から一目置かれる存在になること間違いなしです。

素材でワイシャツを選ぶ

素材まで意識出来たら、あなたはすっかり上級者かもしれません。

ワイシャツの代表的な素材は、主に「綿」「麻」「ポリエステル」です。それぞれの素材に一長一短のメリット・デメリットがあるので、混合の比率に注目して選ぶとよいでしょう。

たとえば、オールコットン(=綿100%)は自然な風合いながら高級感のあるシャツです。

お値段の張る高級アイテムには綿100%のものも多いですが、シワを作りやすく扱いが難しいというデメリットもあり、日常使いには向かないかもしれません。

近年では、ポリエステルなどの化学繊維を織り込んで、自宅でもメンテナンスがしやすい素材を使ったワイシャツもありますので、そちらにもぜひ注目してみてください。

まとめ

シーンを選ばず私たちのコーディネートを助けてくれるワイシャツは「サイズ」「デザイン」「素材」などによって、意外に奥が深いアイテムです。

「最もベーシックなアイテムを改めて見直してみる」という作業は、スーツに限らず お洒落 全体に応用できるかもしれません。ご自身のライフスタイルや美意識に合わせたワイシャツをぜひ見つけてください。