Tailor Mag Produced by  Hi TAILOR

「いつもの自分」より少し上を目指す、ビジネススタイルマガジン

  • SNS

order shirts

青のワイシャツ、どう着る?似合うネクタイ、着こなしも紹介

オーダーシャツ

2021.03.30

Toshiya

Tailor Magでライターをさせてもらっています、Toshiyaです。普段は商社で営業をしていますが、学生時代からアパレルには興味があり、最近ではスーツやシャツなどのビジネスウェアについて勉強しています。上手い着こなし方やビジネススタイルについてのアドバイスなどを伝えていけたらと思っています。

Tailor Magでライターをさせてもらっています、Toshiyaです。普段は商社で営業をしていますが、学生時代からアパレルには興味があり、最近ではスーツやシャツなどのビジネスウェアについて勉強しています。上手い着こなし方やビジネススタイルについてのアドバイスなどを伝えていけたらと思っています。

スーツに合わせるワイシャツは、何色が好きですか?

王道の白のワイシャツと共に青色のワイシャツもビジネスシーンで多く利用されています。

青色のワイシャツは清潔感とおしゃれさを併せ持ち、白のワイシャツとまた違った印象を演出してくれるとても使いやすい色です。

しかし初めて青シャツに挑戦しようとすると

「スーツとの色合わせ方はどうしたらいい?」

「着用シーンが限られているのでは?」といった不安もあるかと思います。

この記事ではそんな不安を解消するために、青シャツのメリットやマナー、スーツやネクタイの組み合わせなどをご紹介します。

青シャツは信頼感や爽やかさを演出

青シャツはどんな印象を持ってもらえるのでしょうか?

青シャツの効果をご紹介します。

青色は信頼感や誠実さを連想する色です。

青シャツでもその効果は有効なので、大事な商談時やプレゼンの際に着るのもおすすめです。

また、色の薄いサックスブルーのシャツは、その涼しげな色合いから爽やかな印象になります。

そのため白シャツでは重厚感が出てしまうような渋めのスーツと合わせても、フレッシュさを演出できます。

青シャツで注意する2つのこと

ビジネスシーンで一般的になった青シャツですが、色付きなので多少の配慮も必要です。

会う相手に合わせて、色をうまく使い分けましょう。

派手にならないように注意

濃いめの青色はスーツと合わせると強い印象になります。

そこに赤色などの強い色のネクタイを合わせると、派手な組み合わせになり、相手を威圧してしまいます。

そのため初対面の方に会う場合などは、色の淡いサックスブルーのシャツがおすすめです。

訪問先の企業文化に注意

青色は信頼感や爽やかさをアピールできる色ですが、訪問先によっては白シャツのほうが好まれる企業もあります。

訪問先の企業の雰囲気を事前に調査してシャツの色を使い分けましょう。

ビジネス向け 青シャツ×スーツのコーディネート

青シャツはフォーマルなビジネスシーンでも、カジュアルなシーンでも使いやすいです。

今回は、相性のスーツの色やカジュアルなジャケパンスタイルでのコーディネートをいくつか紹介します。

青シャツに最適なスーツのコーディネート3選

どんなスーツにも合わせやすい青シャツですが、その中でも特におすすめな3つのコーディネートをご紹介します。

お持ちのスーツで組み合わせる時の参考にしてみてください。

ネイビースーツ×青シャツ

サックスブルーのシャツ×ネイビーのスーツ×ブルーのネクタイなど、青系の色で統一し濃淡のグラデーションを作ります。

まとまりのある青シャツの定番のコーディネートです。

グレースーツ×青シャツ

貫禄が出てしまいがちなグレーのスーツですが、青シャツと合わせることで爽やかな印象になり、若い方でも気軽に合わせやすい色合いです。

ネイビーなどの濃い色のネクタイを合わせることで、メリハリが生まれ引き締まったコーディネートになります。

ブラウンスーツ×青シャツ

茶色と淡いブルーは意外と相性よく、イタリアでは茶色×紺は伝統的な組み合わせとして、人気なコーディネートです。

濃い茶色はもちろん、ベージュなどのスーツと合わせることで柔らかい印象に仕上がります。

カジュアルな青シャツのコーディネート

カジュアルなシーンでも使いやすい青シャツは、スーツで合わせるときよりも濃いめなブルーのシャツでコーディネートするのもおすすめです。

チノパン×ジャケット×青シャツ

ビジネスシーンでも受け入れられ始めたチノパンは、青シャツとの相性は抜群。

オーソドックスなベージュはもちろん、ブラックやブラウンでも合わせやすいです。

チノパンと同系色のジャケットを合わせることで、まとまりのあるスタイルになります。

チェックパンツ×ジャケット×青シャツ

よりカジュアルになるチェックパンツ。

チェックの中に青色が入っているものを選ぶと全体のバランスがとれるので、とても相性がいいです。

メインカラーと同系色のジャケットやネクタイを合わせてもオシャレに仕上がります。

青シャツと相性のいいネクタイの色と模様

スーツのコーディネートで1番悩むのがネクタイ。

気がついたら、同じネクタイばっかり使っていることもありませんか?

せっかくの青シャツが活かせるネクタイの色や模様でちょっとだけ雰囲気を変えてみましょう。

青シャツに合わせたいネクタイのおすすめカラー3選

色は全体の雰囲気を決めるため、とても慎重になるポイントではないでしょうか。

青シャツと合わせて、外すことのない3色をご紹介します。

ネイビー

青系のグラデーションコーデにはもちろん、多くのスーツの色と相性がいい紺色のネクタイ。

落ち着いた色で全体にまとまりを持たせ、どんなビジネスシーンでも活用できる優れものです。

ブラウン

トータルでコーディネートするときのワンポイントに便利な色です。

サックスブルーとネイビーのスーツに合わせると知的さと柔らかさを演出できます。

オレンジ

青と正反対の補色関係にあるオレンジは、お互いの色をはっきり見せてくれて相性がいいです。

暗めのオレンジのネクタイでも、ブルーの中で存在感を出してくれるので華やかな印象へ変わります。

ネクタイの模様で組み合わせの幅が広がる

ネクタイは模様によって印象が大きく変わりますね。

青シャツに合わせる場合、どんな点で選ぶと相性がいいか、ポイントを紹介します。

無地

ネイビーの無地ネクタイ×青シャツは王道の組み合わせ。上品、清潔な印象にコーディネートになります。柄がないので色を見せるのに最適なネクタイなので、上で紹介した色を選ぶと外すことはないでしょう。

レジメンタル(ストライプ)

真面目な印象のストライプは、青シャツと合わせることで知的な印象を持ってもらえます。

エンジやグリーンがベースの色でも青系の色が使われていると、青シャツとまとまりが生まれて相性が良くなります。

ドット

海外でも人気のドット模様は、それだけでオシャレなコーディネートになります。

ネイビーに白のドットが一般的です。

ドットが小粒で地の色が暗いほど落ち着いた印象になり、ドットが大粒になったり地が明るい色になるとカジュアルな華やかな印象です。

無地と同様に上で紹介した色を選ぶと良いでしょう。

小紋

ドット模様に似ていますが、丸ではなく四角や花などの柄を等間隔に並べた模様です。

小さな花の小紋は、さりげなく遊び心を取り入れられます。

ドットと異なり、模様に白以外の色が使われる場合も多いです。

地の色がシャツと合うか不安な場合でも、模様に青系の色が入っているとオシャレに仕上がるので、ぜひチャレンジしてみてください。

まとめ

今回は、青シャツのコーディネートを紹介しました。

ビジネスシーンでも多くみられる青シャツは、真面目さと爽やかさを同時に演出してくれます。

シチュエーションに合わせて取り入れてみてください。