Tailor Mag Produced by  Hi TAILOR

「いつもの自分」より少し上を目指す、ビジネススタイルマガジン

  • SNS

【デザインが良くて高品質】オーダーシャツのおすすめショップ3選

order shirts

【デザインが良くて高品質】オーダーシャツのおすすめショップ3選

オーダーシャツ

2020.07.31

Joe

社会人になってからずっとこだわってきたスーツや小物など、ビジネスシーンの必需品について様々な情報を提供していけたらと思います。「落ち着きがあって大人っぽい」そんな印象を与えられるような、テクニックやノウハウについて執筆していきます。

社会人になってからずっとこだわってきたスーツや小物など、ビジネスシーンの必需品について様々な情報を提供していけたらと思います。「落ち着きがあって大人っぽい」そんな印象を与えられるような、テクニックやノウハウについて執筆していきます。

オーダーシャツでこだわりの1着、できるビジネスマンに

既製品と比べ、細かいところまでこだわった自分仕様の1着が作れるメンズオーダーシャツ。

体型や身体に合ったサイズ感のシャツを着ていると、1日中着心地良く過ごせ小さなストレスに悩まされることもないため、おすすめのビジネスアイテムだと私は思っています。

オフィスカジュアルやクールビズが一般的になりつつある中でワイシャツ1枚で過ごすことも多くなった今、オーダーシャツのような自分のサイズにフィットしたシャツを着ているとワンランク上の印象を与えることができます。

オーダーシャツと言うと、少し前までは一部の高級志向のビジネスマンだけがこだわって着ているもの、といったイメージが強かったですが、近年オーダーシャツの価格も手頃になり敷居も低くなってきましたよね。

みなさんの周りにも「実はオーダーシャツを着ている」という方がいらっしゃるかもしれません。

このページでは、メンズオーダーシャツをこれから作りたい方に向けて、おすすめのカラー・デザインやオーダーシャツのおすすめ店をご紹介します。

「オーダースーツはまだ少し敷居が高いな…」といった方でも、手頃に体験できるオーダーシャツもあり非常におすすめなので、参考になれば幸いです。

【迷っている人必見】おすすめのカラーとデザインとは?

いざメンズオーダーシャツを作ろうと色々調べてみたは良いものの、生地や衿型など選択肢が多くどれを選んだらいいかがわからなくて最初の一歩が出づらいもの。

シャツは奥が深いので、知れば知るほど迷ってしまいますよね。

もちろん、ご自身の用途や利用シーンに合わせて最適なものを選んでいただくのがベストではありますが、「考えているうちに面倒になって、やっぱりやめておこう…」となっては本末転倒です。

そこで、ここではシャツ単体でもおしゃれに着こなせ、スーツとも合わせやすい色柄・デザインについて3つご紹介したいと思います。

どんなデザインにしようか迷っているという方は、とりあえずこちらでご紹介している形でオーダーしてみてはいかがでしょうか。

白無地×ボタンダウン

ビジネスシャツの王道とも言える白シャツ。

白シャツは何枚あっても困りませんし、どんなスーツとも合わせることができる優れものなので、侮ってはいけません。

また、今回はそんな白無地に衿型はボタンダウンをチョイス。

ボタンダウンは、特にジャケット+ノーネクタイで通勤することが多いという方におすすめの組み合わせになります。

というのもボタンダウンはノーネクタイでもしっかりと襟元が立つため、シャツ本来のビシッとした印象を保つことができます。

長袖ではなく半袖のオーダーシャツを考えている方は、特にボタンダウンがおすすめです。

白無地×ボタンダウンのシャツは、初めてオーダーシャツを作るという男性にぜひおすすめしたい1着となっています。

サックスブルー無地×ワイドカラー

続いておすすめしたいのは、サックスブルーの無地に衿型はワイドカラーを合わせたものです。

白無地は既に何枚も持っていて、違う色のオーダーシャツが欲しいという方におすすめの色になります。

サックスブルーは清潔感があり落ち着いた印象を与えます。特に多くの人が持っているだろうダークカラー(黒・紺など)のスーツとの相性が良い。

またサックスブルーはネクタイと合わせるのが比較的容易なカラーとなっているため、ネクタイの有無を問わず着れるのが魅力です。

ドット・ストライプ柄・無地など、どういった柄のネクタイでも馴染みます。

個人的には、濃いネイビーの無地や白ドットのネクタイを合わせるのがおすすめです。

白とネイビーのストライプ×カッタウェイ

最後におすすめしたいのが、白とネイビーのストライプシャツです。

無地のシャツと比べて、柄が入ることで少し上級者向けなイメージを持たれている方も多いかもしれませんが、縞の幅が狭いストライプであれば、そこまで主張しすぎず誰でも様になります。

また今回選んだ衿型「カッタウェイ」はあまり聞いたことがないという方もいらっしゃるかと思います。

カッタウェイはビジネスウェアの本場イタリアのオシャレ紳士達が好む、王道のビジネススタイルです。

レギュラーカラーやワイドカラーよりも衿の開きが大きいため、ネクタイのノットが際立ちますし、ノーネクタイでトップボタンを外しても衿が折れないようになっています。

オーダーシャツのおすすめショップ3選

数あるオーダーシャツを販売しているお店のなかから、安心して注文できるショップを見つけ出すのは本当に難しいですよね。

そこで今回、これまで20着以上のオーダーシャツを作ってきた私Joeが厳選したおすすめのオーダーシャツ店を3つご紹介したいと思います。

きっと皆さんのニーズに合ったお店があるはずですので、ぜひ参考にしてください。

来店不要でネット通販で買える「Hi TAILOR」

まず最初にご紹介するHi TAILOR(ハイ・テーラー)は、三越伊勢丹から生まれたオンライン完結型のオーダーシャツ店。

一般的にオーダーシャツを作る際には1度は採寸をしに店舗に出向かなければなりません。

しかし、このHi TAILORは1度も来店することなくネットで採寸から注文までを完了できる、最新のオーダーシャツサービスとなっています。

また三越伊勢丹でこれまで培われたノウハウや販売経験をもとに、著名デザイナーのデザイン監修を付けることで、非常に上質で洗練されたビジネスシャツを実現。

また通販専門でオーダーシャツを取り扱っているため、高品質なシャツを8,900円(税抜)〜という手頃な値段で購入することが可能となっています。

そのため、近くにお店がない方や忙しくて時間が無いといったオーダーシャツをなかなか作る機会がない方におすすめです。

プレゼント用ギフト券・レディースの取り扱いもある「麻布テーラー」

続いてのおすすめは、全国に店舗展開をしている「麻布テーラー」です。

多くのビジネスマンから支持を得ており、私の周りにも麻布テーラーブランドのファンが沢山います。

麻布テーラーの特徴は、オーダーシャツの他にもオーダージーンズといった珍しいカスタムオーダー製品を取り扱っている点。

そのため、シャツ以外にもオーダーメイドで作ってみたいという方は、麻布テーラーがおすすめです。

また麻布テーラーでは専用のパッケージやメッセージカードが一緒になったギフト券もあるため、大切な人へのプレゼントとしてオーダーシャツを検討している方にもおすすめできます。

加えて、レディースオーダーシャツも取り扱っている数少ないブランドになっているため、レディースオーダーシャツを検討されている方はぜひチェックしてみて下さい。

高級ブランドシャツで周りと差をつけたいなら「グローバルスタイル」

多くのメンズオーダーシャツ店が並ぶ激戦区、東京銀座に本店を構える人気店「グローバルスタイル」。

銀座だけでなく新宿や池袋などと都内の主要都市に店舗があるため、比較的足を運びやすいオーダーシャツ店となっています。

また、シャツ以外にもスーツ・コート・シューズなどもカスタムオーダーすることができ製品の幅が広いのが魅力的です。

4種類の高級ブランドワイシャツからベースを選び、衿型・カフス・ポケットなど細かくデザインをしていけるので、細部までこだわりたいという方におすすめです。

値段も11,000円〜という求めやすい価格となっているので、オーダーシャツに慣れてきた・もう少しディティールもこだわっていきたいという男性は、グローバルスタイルを検討してみてはいかがでしょうか。