Tailor Mag Produced by  Hi TAILOR

「いつもの自分」より少し上を目指す、ビジネススタイルマガジン

  • SNS

カスタムオーダーでカジュアルシャツを作る!ビジネスシャツとの違いも解説

order shirts

カスタムオーダーでカジュアルシャツを作る!ビジネスシャツとの違いも解説

オーダーシャツ

2020.07.31

Toshiya

Tailor Magでライターをさせてもらっています、Toshiyaです。普段は商社で営業をしていますが、学生時代からアパレルには興味があり、最近ではスーツやシャツなどのビジネスウェアについて勉強しています。上手い着こなし方やビジネススタイルについてのアドバイスなどを伝えていけたらと思っています。

Tailor Magでライターをさせてもらっています、Toshiyaです。普段は商社で営業をしていますが、学生時代からアパレルには興味があり、最近ではスーツやシャツなどのビジネスウェアについて勉強しています。上手い着こなし方やビジネススタイルについてのアドバイスなどを伝えていけたらと思っています。

カジュアルなオーダーシャツでプライベートもキメる!

普段ビジネスシーンでオーダーシャツを着ている方のなかには、そのフィット感や着心地に魅せられて、プライベートでも着られるカジュアルなものもオーダーメイドで作るという方が増えているようです。

また、なかなか自分に合ったサイズがないということで、オーダーシャツが気になっているという方もいらっしゃるかもしれません。

もう既にオーダーシャツについて調べた方はご存知かもしれませんが、オーダーシャツは基本的にビジネス向けのものが多く、なかなかカジュアルシャツについての情報って見つからないですよね。

そこでこのページでは、これからカジュアルなオーダーシャツを作りたいと思っている方に向けて、カジュアルとビジネスの違いや作り方などを解説していきます!

カジュアルとビジネスの違いについて

突然ですが、カジュアルシャツとビジネスシャツの違いについて説明してくださいと言われて、あなたはなんと答えますか?

「会社にも着ていけるような派手な柄じゃないもの」
「パンツから出していても違和感のないシャツ」

などなど、少し曖昧な回答になってしまう方が多いんじゃないかと思います。

実はカジュアルシャツとビジネスシャツには、明確な定義というのは存在しません。

「質問をしておきながらなんだよ!」って声が聞こえてきそうですが…笑

シャツは要素の強弱の掛け合わせによって、カジュアル寄りにもビジネス寄りにもなります。

カジュアルな要素を取り入れれば入れるほどカジュアル度合いが増していきますし、そのまた逆もしかりといった具合にあくまで”どっちに寄っているのか”の問題なんです。

そのためお店によってカジュアルの定義も様々。

なのでここではカジュアルに寄せるにはどういった要素を取り入れていけば良いのかをご説明していきたいと思います。

ここを押さえておけば、カジュアルシャツをオーダーする際に注目すべきポイントがわかりますよ。

カジュアルシャツは衿が柔らかい

まず1つ目に、カジュアル目なシャツにする方法として、衿を柔らかく・芯を無くすというのが挙げられます。

ビジネスシャツは通常、衿や前立にハリを持たせるために芯地と呼ばれる裏地が当てられています。

シワや型崩れを防ぐために硬い芯地が使われており、よりパリッとした見た目となるようそのような仕立てとなっています。

逆にカジュアルシャツはソフトな芯地が当てられることが多いため、全体的に柔らかく、肩肘が張らない見た目になります。

衿の形の自由度が高いカジュアルシャツ

カジュアルシャツは基本的にノーネクタイやボタンを開けることを前提に作られているため、衿部分の形が実に様々です。

第1ボタンがないオックスフォードシャツ、なかには衿羽がないノーカラーシャツなどもあります。

こういったうように、カジュアル目に寄せる場合は「ノーネクタイ」「ボタンを開ける」ことを念頭に衿の形を選ぶことが大切です。

生地の種類や柄

カジュアルシャツはビジネスシャツに比べ、生地の自由度が高く柄の選択肢が多くなります。

生地には、コットンの他にシルクやポリエステルもありますし、より季節感が出るものだとリネンやニットなども使われます。

またカジュアルシャツであれば、色の濃いものやストライプのピッチが広いもの、ラインが濃いもの、チェック柄など、スーツやネクタイと合わせることを考えずに、色柄の選択が可能です。

メンズオーダーシャツの注文の流れ

最後にオーダーシャツが実際にみなさんの手元に届くまでの大まかな流れについて、説明しておきたいと思います。

これからカジュアルなオーダーシャツを初めて作るという方は、ぜひ頭の片隅に入れておいてください。

まずはシャツの生地選びから

オーダーシャツを作るときは、まずはじめに生地選びから始まります。

オーダーシャツに使われる生地は本当に種類が多く、色柄・素材・クオリティなど様々で、1000種類以上あるとも言われているほど。

そのため、オーダーシャツを作る際には生地選びが最も楽しい・ワクワクするといった方も多いようです。

最近ではシワ防止加工が施された生地なども登場しているため、扱いが簡単になり普段使いでもどんどんシャツを着られるようになりました。

ご自身の予算や好み、着用シーンなどに合わせて最適な生地や柄を選んでみましょう。

各部位のサイズを採寸する

既製品とオーダーシャツの大きな違いの1つは、その着心地の良さにあります。

身体にフィットしたシャツは、やっぱり着ていて気持ち良いですし1日中ストレスが掛かりません。

そこがカスタムオーダーならではの魅力でもあるのですが、そのためには正確な採寸が必要になってきます。

オーダーシャツを作る際には、一般的に首周りや肩幅・胸囲・袖丈など、あらゆる身体の部位を測っていきます。

またオーダー方法によっては、好みや体型に合わせて細身の仕様にすることも可能です。

そのため採寸の際には、普段どういった箇所にストレスを感じるか、身体のどの部位が気になっているかなど、要望をスタッフに伝えるようにしましょう。

オプションを選ぶ

生地と採寸が完了したら、最後に細かいパーツのデザインを選んでいきます。

その代表格とも言えるのが衿の形。

レギュラー・ワイド・セミワイド・ボタンダウンなど衿の形にも種類があり、それぞれで見た目も機能性も違ってきます。

そのため自分が気にいったデザイン、ネクタイを付けるのか、いつもボタンはどこまで開けるかなど、しっかりと吟味した上で決めていきたいところです。

また、首が短い人/長い人など体型の違いでどんな衿型が似合うかも変わってきますので、迷った際にはスタッフに相談してみましょう。

衿以外にもボタン・ポケット・カフス・ネーム刺繍など、オーダーシャツ店によってカスタマイズできる箇所が異なってきますので、 事前にどこにこだわりたいか・その部分のカスタマイズが可能かどうかは確認しておいてくださいね。

商品到着まではどれくらいかかる?

オーダーが完了してから商品到着までの期間は、オーダー方法やショップによって様々ですが、おおよその目安として約3〜4週間くらいが平均ではないかと思います。

もちろん3〜4週間以上かかるお店もあるので、もしデートや催し物などで着用したい日にちが決まっている場合は、早めにオーダーしておくことをおすすめします。

プライベートにも高級感が出て、男としても格上げされるカジュアルなオーダーシャツ。

クールビズやオフィスカジュアルも広まっているので、普段あまりスーツを着ないという方でも、半袖・長袖1着ずつカジュアルライクなオーダーシャツを持っていれば、仕事もプライベートも使っていくことが可能です。

今ではオーダーシャツの値段も手頃になり、そこまで価格的に敷居は高くないですし、オンライン完結型のネット通販で気軽にオーダーできるお店もあります。

ぜひこの機会に、検討してみてくださいね。