Tailor Mag Produced by  Hi TAILOR

「いつもの自分」より少し上を目指す、ビジネススタイルマガジン

  • SNS

order shirts

コスパ抜群!安くて高品質なオーダーシャツが作れるおすすめショップ5選!

オーダーシャツ

2020.10.10

Toshiya

Tailor Magでライターをさせてもらっています、Toshiyaです。普段は商社で営業をしていますが、学生時代からアパレルには興味があり、最近ではスーツやシャツなどのビジネスウェアについて勉強しています。上手い着こなし方やビジネススタイルについてのアドバイスなどを伝えていけたらと思っています。

Tailor Magでライターをさせてもらっています、Toshiyaです。普段は商社で営業をしていますが、学生時代からアパレルには興味があり、最近ではスーツやシャツなどのビジネスウェアについて勉強しています。上手い着こなし方やビジネススタイルについてのアドバイスなどを伝えていけたらと思っています。

サイズが合ったシャツをピシッと着ている人は、それだけでなんだかオシャレで格好良く見えますよね。

完全に主観ですが、特にオーダーシャツを着ている人は、自分なりのこだわりがある大人な男性ってイメージがあります。

私も格好良くシャツを着こなしている営業の先輩に教えてもらって、オーダーシャツを着るようになりました。

最初は「オーダーシャツって高そうだし、格好良いけど自分にはまだちょっと敷居が高いな」と思っていたんですが、調べてみると1万円前後といった意外と安い値段でオーダーシャツが作れることを知りました。

そこでこのページでは、私が実際にオーダーシャツを作った経験も踏まえて、安い値段で高品質のオーダーシャツが作れるおすすめのお店をご紹介したいと思います。

オーダーシャツのメリット・デメリット、既製品との違いについても簡単にご紹介しているので、ぜひ最後まで読んでいただけると嬉しいです!

オーダーシャツはなぜ人気?メリット・デメリットをご紹介!

まずは、オーダーシャツがなぜ人気なのか、オーダーシャツのメリット・デメリット、既製品との違いについて簡単にご紹介します。

オーダーシャツのメリット

  • 自分の体型に合ったシャツを作れる、見た目や印象も良くなる
  • 自分好みのデザインで作れる

自分の体型に合ったシャツは快適さアップ、見た目や印象にも影響がある!

オーダーシャツは自分の体型に合うように作るので、既製品と比べて格段にサイズ感が合った1着になります。

自分の体にジャストフィットしたシャツを着れば、着心地が良く1日を快適に過ごすことができます。

また自分でカスタマイズをしたオーダーシャツを着ることで、「自分だけの特別な1着を着ているんだ」という、普段とは違った高揚感も生まれますよね。

さらに、ジャストサイズのオーダーシャツは、ダボついた見た目にもならず全体的にすっきりと洗練した見た目になります。

特にビジネスシーンでは、どんなに素材やデザインが良くてもサイズ感が合っていないシャツは印象が良くないですよね。

その点、オーダーシャツならそういった心配もなく、周囲に与える印象も自然と良くなってきますよ。

自分好みのデザインで作れる

既製品のシャツでもデザインの良い商品はあるのですが、「ここのデザインがこうなってたら良いのに…」なんてことが良くありませんか?

僕もこういったシチュエーションは何度もあるのですが、これは既製品のシャツがなるべく多くの人が着れるように作られているからなんです。

なので、どうしても既製品のシャツは無難なデザインのものが多くなってしまう傾向があります。

でも、オーダーシャツなら自分の嗜好に合わせた自分だけのデザインでシャツを作ることができます。

全体的なデザインだけでなく、ピンポイントで自分のこだわりや遊び心を取り入れたりといったことも。

どこを探してもドンピシャのデザインに出会えない、なんて人にオーダーシャツはぴったりですよ!

オーダーシャツのデメリット

  • 完成までに時間がかかる
  • 既製品よりも少し値段が張る

完成までに時間がかかる

オーダーシャツは注文してから作り始めるので、どうしても手元に届くまでに時間がかかってしまいます。

早くて約2週間、生地やデザインから選んで作ると1ヶ月以上かかってしまうことも。

もしオーダーシャツを着用したい日が決まっているなら、余裕を持って注文するようにしましょう。

既製品よりも少し値段が張る

オーダーシャツは1人1人に合わせて作るので、既製品のように大量生産できるものと比べるとどうしても値段が高くなりがちです。

でも最近では、オーダーシャツでも既製品と同等の価格で作れるサービスも増えてきているので、オーダーシャツに対する垣根は比較的低くなってきていると思います。

また個人的には、少し高価な既製品のシャツにお金を出すのであれば、オーダーシャツで自分好みのシャツを作った方がコスパが良いんじゃないかなと思います。

2回目以降に作る際は採寸データを使って、同じサイズ感のシャツを注文できるので、時間の節約にもなりますね。

既製品との違い

  • 既製品にはない着心地がオーダーシャツにはある
    →その分オーダーシャツは体型の変化にシビアな面も
  • メーカーによっては修理も可能
  • ”オーダーシャツ”という特別感から丁寧に扱う、その結果長く愛用できる

既製品にはない着心地がオーダーシャツにはある

既製品のシャツは、日本人の平均体型で作られていることがほとんどなので、首元・肩幅・袖など細部までぴったり合ったシャツはなかなか見つかりません。

その点、オーダーシャツなら自分の体型にジャストフィットするように採寸して作るので、シャツ着用時の動きやすさなど心地よさを格段にアップしてくれます。

一方で、オーダーシャツはウェストや胸囲、肩幅といったサイズの変化に影響を受けやすい面もあります。

インナーの厚さによっても着心地が変わってしまうので、できれば季節や用途に合わせて作りわけるのがベストです。

メーカーによっては修理も可能

オーダーシャツのメーカーによっては、汚れやすい衿・袖の交換や修理をやってくれるところもあります。

ビジネスマンであればシャツを着る機会も多くなるので、こういったサービスがあるのは魅力的ですよね。

”オーダーシャツ”という特別感から丁寧に扱う、その結果長く愛用できる

「せっかくオーダーシャツを作ったのだから、既製品よりも丁寧に扱いたい。」

オーダーシャツを作るとこういった気持ちが出てきます。

実際に僕も、はじめてオーダーシャツを作った時は、すぐにクリーニングに出したり汚れが付かないようにと細心の注意を払っていました。

良いものを長く愛用したい方にこそ、オーダーシャツはおすすめです。

オーダーの仕方によって安さが変わる?3つのオーダー方法

オーダーシャツには以下の3つのオーダー方法があります。

パターンオーダー 既製品を少し自分の身体に寄せるイメージ
  • ・既製の型紙を元に、体型に近いものをセレクト
  • ・調整箇所が限られている
  • ・低価格・短納期
イージーオーダー パターンオーダーよりも細かいパーツの調整・体型補正したシャツが作れる
  • ・約20箇所のパーツを既製の型紙を元に調整
  • ・パターンオーダーよりも選べる生地やデザインの幅が広い
  • ・体型補正が可能
  • ・カスタマイズ性、価格はちょうど中間といった感じ
フルオーダー 自分にジャストフィットするシャツが作れる
  • ・オリジナルの型紙を作成する
  • ・カスタマイズできるパーツが多いため、最も理想に近いシャツが作れる
  • ・体型補正が可能
  • ・その分、値段は高くなり、納期も長くなる

パターンオーダー

パターンオーダーは、既存のサイズ・シルエットを元に自分の体型に1番近い型を選んで作るオーダー方法。

首周りや裄丈といった限られたパーツのみ採寸してサイズを調整していくので、既製品を少し自分の身体に寄せるようなイメージになります。

調整箇所が限られている分、既存の生産ラインに乗せられるので低価格・短納期で作れるのが特徴です。

全国に店舗展開しているような紳士服の量販店で多く見かけるオーダー方法となっています。

イージーオーダー

イージーオーダーは、袖丈やウエストなどパターンオーダーよりも細かい箇所のサイズ調整ができるようになります。

各パーツごとに既存の型紙を組み合わせていくため、パターンオーダーよりもさらに自分の体型に近いシャツを作ることができます。

また、イージーオーダーでは体型補正もできるので、いかり肩や撫で肩など身体の特徴や癖といった部分も調整することが可能。

より着心地の良いオーダーシャツに仕上げられます。

フルオーダー

フルオーダーは、手書きで型紙を作り、基本的には全パーツのサイズ調整ができるため自由度が高く、最も理想に近いシャツが作れるのが特徴。

その分、採寸する人(フィッター)や裁断する職人(カッター)の技術や経験が仕上がりにも大きく影響するオーダー方法です。

パターンオーダーやイージーオーダーに比べて手作業で進めていく工程が多くあるので、完成までに時間が掛かりますし、値段も高くなってきます。

オーダーシャツを作る際にはそれぞれの特徴を比較して、どのオーダー方法が自分に合っているのかを考えて、望んだ方法で注文できるお店を選びましょう。

コスパ良し!オーダーシャツが安いおすすめ店5選!

最後に、オーダーシャツが1万円以下の安い価格帯で作れるショップを調べた中から、おすすめできる5店舗を紹介します。

Hi TAILOR(ハイ・テーラー)

Hi TAILOR(ハイ・テーラー)は、三越伊勢丹発のオーダーシャツブランド。

採寸も含めて全てスマホ上で完結するので、いつでもどこでも簡単にオーダーシャツを注文することができます。

仕立てや素材へのこだわりはもちろんのこと、デザインも世界的に著名なデザイナーを起用するなど、より手軽に高品質のシャツを楽しむことができるのが特徴。

貝ボタンや21針などの1万円以下ではあまりみられないような豪華な仕様となっています。

オーダーで不安なところなどを経験豊富なスタッフに相談もできます。

ブランド名 Hi TAILOR(ハイ・テーラー)
ブランドの特徴、
他社との違い
  • ・来店不要・オンライン完結型サービス
  • ・三越伊勢丹ならではのクオリティ
  • ・有名デザイナー監修
  • ・スマホで簡単採寸
  • ・サイトの問い合わせ機能からプロのスタイリストに相談可能
  • ・初回お直し無料
価格帯 8,900円(税抜)〜
納期 最短3週間程度
オーダータイプ パターンオーダー
HP https://www.hi-tailor.jp/

KEI

KEIは、インターネット通販で上質な綿100%の生地を使ったオーダーシャツが4,980円〜という低価格で作れるオーダーシャツ専門店。

自動採寸機能があるため、自分でサイズを測る必要がありません。

ブランド名 KEI
ブランドの特徴、他社との違い
  • ・オンラインで完結
  • ・身長、体重と簡単な設問の入力で自動採寸
  • ・4,980円〜という低価格
  • ・初回無料直し
価格帯 4,980円(税抜)~
納期 約1ヶ月程度
オーダータイプ パターンオーダー

SOLVE(ソルブ)

SOLVE(ソルブ)は、1着4,980円〜オーダーシャツが作れるインターネット通販店。

驚くほどシワにならない「超ノンアイロン」生地を取り扱っているのが特徴で、アイロンがけやクリーニングへ出す手間を省くことができます。

刺繍やクレリックなどのオプションが無料なのも嬉しいポイントです。

ブランド名 SOLVE(ソルブ)
ブランドの特徴、他社との違い
  • ・超ノンアイロン生地
  • ・4,980円〜という低価格
  • ・刺繍やクレリックなどのオプションが無料
  • ・首回り、裄丈のみ自己採寸の半自動採寸
  • ・商品到着後30日以内は無料直し対応
価格帯 4,980円(税抜)~
納期 約3週間程度
オーダータイプ パターンオーダー

FABRIC TOKYO(ファブリックトウキョウ)

FABRIC TOKYO(ファブリックトウキョウ)は、ネットでオーダースーツ・シャツを1着から作れるビジネスウェアブランド。

シワになりにくく、着心地が良い厳選された国産コットン生地で作る「形態安定」シャツなど、機能性の高いシャツが作れるのが特徴です。

ブランド名 FABRIC TOKYO(ファブリックトウキョウ)
ブランドの特徴、他社との違い
  • ・機能性の高いシャツ
  • ・プロコーディネーターによる店舗採寸
  • ・お届けから50日間無料お直し
価格帯 8,000円(税込)〜
納期 約4週間程度
オーダータイプ イージーオーダー

Maker’s Shirt 鎌倉(鎌倉シャツ)

生地の品質が良いと評判の鎌倉シャツは、既製品でもフィット感・着心地の良さを体感できることで人気。

独自のパターンで作るオーダーシャツはさらに体型にフィットし、天然の貝ボタンなど細部にも高級感を感じられるシャツになります。

店舗だけでなくオンラインでも注文可能。納期が約2週間程度と早いので、なるべく早くオーダーシャツが欲しい人にもおすすめです。

ブランド名 Maker’s Shirt 鎌倉(鎌倉シャツ)
ブランドの特徴、他社との違い
  • ・品質のよい豊富な種類のシャツ
  • ・既製品の購入も可能
  • ・採寸マイスター認定スタッフによる店舗採寸
  • ・裄丈のみ直し可能(修理価格:税込1,200円)
価格帯 9,800円(税抜)〜
納期 約2週間程度
オーダータイプ パターンオーダー