Tailor Mag Produced by  Hi TAILOR

「いつもの自分」より少し上を目指す、ビジネススタイルマガジン

  • SNS

order shirts

【ぶっちゃけ話】オーダーシャツにネームが入っているのはダサい?

オーダーシャツ

2020.10.10

Toshiya

Tailor Magでライターをさせてもらっています、Toshiyaです。普段は商社で営業をしていますが、学生時代からアパレルには興味があり、最近ではスーツやシャツなどのビジネスウェアについて勉強しています。上手い着こなし方やビジネススタイルについてのアドバイスなどを伝えていけたらと思っています。

Tailor Magでライターをさせてもらっています、Toshiyaです。普段は商社で営業をしていますが、学生時代からアパレルには興味があり、最近ではスーツやシャツなどのビジネスウェアについて勉強しています。上手い着こなし方やビジネススタイルについてのアドバイスなどを伝えていけたらと思っています。

自分の好みやサイズに合わせて仕立てることができるオーダーシャツ。

着心地やデザインを左右する生地や衿、袖などのパーツをカスタムできるのはもちろんのこと、ネームの刺繍を入れるというカスタマイズも可能です。

初めてオーダーシャツを作ると「自分だけのものだし、せっかくならネーム入れもしてみようかな!」という気持ちになる方も少なくありません。

でも本当にオーダーシャツにネームを入れてしまっても良いのでしょうか。

一見オシャレな印象のネーム刺繍ですが、場合によってはせっかくのオーダーシャツを「ダサい」シャツにしてしまう可能性も…。

そこでこの記事では、ネームを入れる位置やネーム入れに対する周囲の印象について調べた結果をまとめてご紹介していきます。

ネームはどこに入れられる?正しい位置はあるの?

オーダーシャツを作るときにネームを入れられる箇所

オーダーシャツを作るときにネームを入れられる位置として、一般的には以下のような箇所が挙げられます。

  • カフス(袖口)
  • 袖の上腕部
  • 裾の近く
  • 左胸とウエストの間

このように、オーダーシャツの様々な位置にネームを入れることができます。

また、ネーム以外にも、刺繍で動物などのモチーフを入れたり、刺繍でラインを作ったりと様々なカスタマイズができる場合もあるようです。

シャツのデザインに合ったモチーフの刺繍なら、場所によってはオシャレに見せることが出来るかもしれませんね。

個人的には、いつもチラチラ見えてしまう「カフス(袖口)」の位置や、スーツを脱いだときに目立つ「袖の上腕部」「左胸とウエストの間」などには、あまり自分の名前の刺繍は入れたくないと感じましたが…。

もし自分がネームを入れるなら、シャツをパンツに入れたときに隠れるので、「裾の近く」を選ぶかなと思います。


しかし、実はこの4つの中には、オーダーシャツにネームを入れる際、「正統派」とされている位置があるのだそうです。

あなたはどれかお分かりになりますか?もしかすると、答えは意外な位置かもしれません。

ネームを入れるときの正統派とされる場所とは

上でご紹介した選択肢のうち、「正統派」とされるネーム刺繍の位置は、実は「左胸とウエストの間」だそうです。

理由としては、シャツのネームは自分の所有物であることを示すためのものではあるものの、スーツを着たときには他人から見えない場所にさりげなく入れるのが正統とされているから、と言うことでした。

ちなみにネーム刺繍は、例えば「T.Y.」のようにイニシャルで入れるのが一般的です。

いくら名前をアルファベットの筆記体やその他のオシャレな字体で刺繍したとしても、自分の名前がいつもチラチラ目に入るのは気になってしまいますよね。

私がネームを入れるとしても、漢字などではなく、イニシャルを第一に検討すると思いました。


まとめると、オーダーシャツにネームを入れるなら「裾の近く」のように完全に隠れてしまう位置ではなく、見えるけれども目立たない「左胸とウエストの間」のような位置にいれるのが正統派なようです。

クールビズのように、ジャケットを羽織らないスーツスタイルの時は、割と目立ってしまうかもしれませんね。

オーダーシャツにネームはダサい?世間の反応をチェック!

それでは、本題の「オーダーシャツにネームを入れるのはダサいのか」について調べた結果を見ていきましょう。

世間でネーム刺繍はどのような印象を持たれているのでしょうか。

以下の質問と回答は、ネーム入れがダサいかどうかについて、「Yahoo!知恵袋」や「教えて!goo」に投稿された質問と、それに対する回答を引用・抜粋したものです。

Q. スーツの時に着るオーダーシャツで腕のところにアルファベットでイニシャルを入れている人ってダサいですか?
A. ジャケット着たら見えないし、袖のカフに入れるよりはマシかなって感じです。
私は今までそれなりにシャツをオーダーしてますが、ネーム刺繍は一回しか入れたことないです。確かなるべく目立たない色の糸を選んで裾に入れましたね。

引用:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13153426708

Q. オーダーのドレスシャツにイニシャル入れる人少ないですか?私は、イニシャルを腕部位に入れるとステキだと思いますが、、、
A. 好みでしょう。好きにすればいいと思います。
取引先でもよくいれている方を見ますし。
腕上部ならまだいいですね。(カフス部分なら微妙な気が・・・。)
イタリアではポケットは要らないと言うことで、ボディーに直接ネームを入れることもありますし。
ただ、私は入れませんね。理由はシンプルに長く着たいからです。
ごちゃごちゃつけるのはなんだか流行に流されたら長く着れない気がしますので・・・。

引用:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1018488790

Q. シャツをオーダーしようと考えているのですが、 ネーム刺繍を入れるのは変でしょうか。 また入れるとしたらどこに何色で入れてもらうのがオススメですか。
A. フォーマルなら、当然見えないところの方がいいです。見えないところならご自由に。
カジュアル用だとしたら、それは見えるところに刺繍をするということですよね。
となると、刺繍がシャツのデザインの一部ということになると思います。
デザインは全体から判断して決めるべきですから、シャツの色柄や素材感やテイストもわからないのに一概には言えません。

引用:https://oshiete.goo.ne.jp/qa/8837353.html

このように、世間の反応はオーダーシャツへのネーム入れに対して消極的。

「ダサい」と直接的に言ってはいないものの、暗に示しているような印象です。

「ネームを入れるならお好きにどうぞ(ダサいから私は入れないけれど)」という感じでしょうか。

また、ネームを入れる場合にも、目立たない場所や色を選ぶなど、オーダーシャツ自体や組み合わせるジャケットやスーツを含む全体のデザインを考慮した上で入れているようです。

案の定と言いますか、世間はオーダーシャツへのネーム刺繍に対して、ネガティブな印象を持っていると言う結果でした。

まとめ:オーダーシャツに自分の名前を入れるのはダサい?

以上を踏まえて、オーダーシャツへのネーム入れについてまとめると、このような結論になります。

  • オーダーシャツにネームを入れる位置は、一般的に「カフス(袖口)」「袖の上腕部」「裾の近く」「左胸とウエストの間」などの場所
  • そのうち、正統派とされる位置は「左胸とウエストの間」で、ネームはイニシャルで入れるのが一般的
  • 日本では、オーダーシャツにネームを入れる人は少ない
  • ネームを入れるとしても目立たないように入れるのが良い

今オーダーシャツにネーム刺繍を入れるのはダサいかも…

実は、最近ではシャツの販売員でさえも、オーダーシャツへのネーム刺繍の提案をあまりしなくなっているようです。

その理由の1つとして、オーダーシャツやオーダースーツがより身近になってきたことも関係ありそうです。

一昔前まではステータス性があったネーム刺繍も、今では低価格帯のオーダーシャツやオーダースーツのオプションでも追加可能になりました。

そのため、ネーム刺繍自体のステータス性は無くなってしまったのかもしれません。

むしろ、最近ではオーダーシャツやオーダースーツを作るにあたって、ネームを入れることによるステータス性よりも、サイズ感やデザインなどへの意識が高まっているため、販売員もあえてネームを入れる提案はしなくなったのではないでしょうか。


総じて、世間的にはオーダーシャツをシンプルに長く着るために、ネームは入れないという人が多いようです。

実際、ネーム刺繍がダサいかどうかは、個人の意見や主張によっても変わってきますので、最終的には個人の好みの問題になるかと思います。

しかしながら、もし、オーダーシャツにネームを入れようかどうか迷っているようであれば、「ネームは入れない」方がベターである、と言うことは出来るかもしれませんね。

これからオーダーシャツを作る方は、ぜひ参考にしてみてください。