Tailor Mag Produced by  Hi TAILOR

「いつもの自分」より少し上を目指す、ビジネススタイルマガジン

  • SNS

order shirts

オーダーシャツはコスパが良い?その理由とオーダーの仕方

オーダーシャツ

2020.12.02

Joe

社会人になってからずっとこだわってきたスーツや小物など、ビジネスシーンの必需品について様々な情報を提供していけたらと思います。「落ち着きがあって大人っぽい」そんな印象を与えられるような、テクニックやノウハウについて執筆していきます。

社会人になってからずっとこだわってきたスーツや小物など、ビジネスシーンの必需品について様々な情報を提供していけたらと思います。「落ち着きがあって大人っぽい」そんな印象を与えられるような、テクニックやノウハウについて執筆していきます。

オーダーシャツと言うと、少し前までは「一部の高級志向のビジネスマンだけがこだわって着ているもの」といったイメージも強かったので、コスパとはかけ離れた印象もありますが、近年オーダーシャツの価格が手頃になってきたこともあり、オーダーシャツの敷居も低くなってきています。

毎日使うシャツだからこそ、コスパ(コストパフォーマンス)にはこだわりたいところですが、商品を選ぶ時には、どうしても価格(コスト)に目がいきがちです。

しかし、本当はオーダーシャツこそコスパに優れた商品なのです。

そこでこの記事では、実はオーダーシャツはコスパがいい理由についてご紹介します。オーダーの仕方もご紹介するので、この機会にぜひオーダーシャツを仕立ててみましょう。

オーダーシャツのコスパが良い理由とは

そもそもオーダーシャツとは、サイズやデザインなどを細かく指定でき自分好みの1着を作成できる商品です。

このように説明すると、1から作り上げる印象が強くなり「オーダーメイド」という言葉を思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、実はオーダーシャツの仕立て方(オーダー方法)にはいくつか種類があります。そして、このオーダー方法(オーダータイプ)の種類によって、手ごろな価格でオーダーシャツを作ることができるようになってきているのです。

そしてもちろん、オーダーシャツは既製品と比べてパフォーマンス面でも優れています。

依然として「オーダーシャツ」=「こだわり」というイメージが強く、値段の高いイメージがあるオーダーシャツですが、本当はコスパに優れたシャツなのです。

それでは具体的にオーダーシャツのどこがコスパがいいポイントなのか、その理由を見ていきましょう。

オーダーシャツと既製品の差って?

オーダーシャツの1番の特徴は、既製品で感じてしまうサイズの“不”が解消される点にあります。

既製品の場合、どんなにデザインや質が良いシャツでも、自分の身体のサイズにぴったり合うものはなかなかありません。

その点、オーダーシャツは既製品と比べて多少値が張りますが、既製品からもう少し踏み込んでカスタマイズが可能。

例えば、生地の質なども自由に選んでカスタムできるので、より着心地が良く、サイズ感のいいシャツを作ることができます。

また、サイズ感が合うシャツは高見えし、周囲に与える印象も変わります。

仕事においては、サイズの合ったシャツを着ていることは”できるビジネスマン”に見える身だしなみのひとつとも。

第一印象で「この人は仕事ができる」というポジティブな印象を与えることができれば、プレゼンなど人前に立つ際や、商談相手と良いスタートが切れるなど、大事なシーンでビジネスを良い方向に進めていくことができるはずです。

このように、既製品と比べて価格(コスト)に対して多くのメリット(パフォーマンス)があるため、オーダーシャツはコスパが良いと言えるのです。

ランニングコストで考えるとオーダーシャツはコスパが良い

オーダーシャツの採寸は初回のみ

それ以降は、1枚目の採寸データから仕立てることができるので、2枚目以降は簡単に自分のサイズ感に合ったシャツが作れます。

自分のサイズに合うシャツをわざわざ探す手間が無くなることを考えると、大きな時短に繋がりますよ。

また、2枚目からはネットでオーダー・購入可能というオーダーシャツ店もあるので、「シャツを買いに行く」という時間自体がそもそも不要になるかもしれません。

さらに、オーダーシャツ店によっては、生地が破けてしまったり、体型の変化でシャツが着用しづらくなった場合などに、お店がお直しをしてくれるケースも多いようです。

買い物の時間、着用できる期間の長さなど、長い目で見たランニングコストで考えてみても、オーダーシャツはかなりパフォーマンスが良いと言えるでしょう。

オーダーシャツは「愛用できるシャツ」になる

自分がサイズ感やデザイン、生地に至るまで納得して作ったオーダーシャツは、着やすいシャツ、合わせやすいシャツとなります

体型や身体に合ったサイズ感のシャツを着ていると、1日中着心地良く過ごすことができ、小さなストレスに悩まされることもありません。

このように、自分に合うように作ったオーダーシャツだからこそ愛着が湧き、既製品と比べて丁寧に扱いたいという心理も働くもの。

また、オーダーシャツのメーカーによっては、衿や袖など汚れやすいパーツの交換、修理を取り扱っているところもあります。

長く大事に着ることができるオーダーシャツは、コスパが良いだけでなく高いサスティナビリティも併せ持つアイテムと言えるでしょう。

オーダーシャツの作り方

オーダーシャツは本当はコスパが良いということをご紹介してきましたが、では実際にオーダーシャツを作る時に選ぶオーダー方法の種類と一般的なオーダーの仕方(流れ)についてご紹介します。

オーダー方法の3つの種類

オーダーシャツの作り方には「パターンオーダー」「イージーオーダー」「フルオーダー」の大きく3つのオーダー方法があります。それぞれの特徴を簡単にご紹介します。

パターンオーダー

既製品のシャツをベースにご自身の体型に近いものを選んで作成するオーダーシャツ。補正範囲は首周り・裄丈など限られた場所の寸法修正を行います。納期が早く、価格が安いのが特徴です。

イージーオーダー

既定の各パーツの型紙を組み合わせて作成します。補正範囲はお店によって異なりますが、主に首周り・裄丈・胴周り・カフス周りなど約20箇所。なで肩・いかり肩・猫背など体型補正も行います。納期や価格は、ちょうどパターンオーダーとフルオーダーの中間といった感じです。

フルオーダー

完全にオリジナルの型紙から作成するオーダーシャツ。補正範囲は細かいディテールも含めて全箇所となります。テーラーとコミュニケーションを取り0から再現可能で、細かいところまで指定できるのが特徴ですが、その分価格は高くなる傾向にあります。

オーダーシャツの3つのオーダー方法の違いをわかりやすく以下の表にまとめました。

オーダー方法の違いでシャツの価格や調整可能な箇所(補正範囲)などが大きく変わってくるので、自分の予算や目的に合ったオーダータイプのお店を選びましょう。

オーダー方法の種類 パターンオーダー イージーオーダー フルオーダー
仕立て方 裄丈や首周りなど限られた箇所の寸法修正で仕立てていくオーダー方法。既製品からもう少し踏み込んでカスタムできるので、既製品で感じてしまうサイズの“不”が解消される。 各パーツの型紙が決まっていて、それらを組み合わせて仕立てていくオーダー方法。寸法は約20箇所を採寸し、肩傾斜などの補正(体型補正*)も入るためフルオーダーに近い形でのオーダーとなる。 各ディテールも実際のテーラーとコミュニケーションをとって0から再現可能なオーダー方法。ハンド工程や仮縫が付く場合もある。
価格相場 5,000円前後〜 7,000円前後〜 10,000円前後〜
調整可能箇所(補正範囲) 首回り・裄丈 首回り・裄丈・胴回り・カフス回り 全箇所
納期目安 約3週間〜 約4週間〜 約1ヶ月〜

*体型補正:いかり肩やなで肩、猫背・鳩胸などの姿勢や体型のクセをとるもの

オーダーの仕方、流れ

一般的なオーダーシャツを作る時の流れについてもご紹介しますので、ぜひチェックして注文する時のイメージをしてみましょう。

①お店を選ぶ

上記で紹介したオーダー方法や取り扱っている生地の種類などをもとに、オーダーシャツを作るお店を選びましょう。最近では、店舗に1度も行かずに注文ができるオンライン完結型のサービスもあります。完成後のお直しに対応しているかも、要確認のポイントです。

②生地を選ぶ

着用シーンや自分の好みに合わせて生地を選びましょう。初めてで生地選びに迷うときは、お店のスタッフに相談しながら自分の希望に合うものを見つけてみてください。

③デザインやオプションを選ぶ

用途や自分の好みに合わせて、衿型やカフス等のデザインやオプションを選んでいきます。オーダーシャツの醍醐味でもあるのでスタッフと相談しながら楽しく選んでみてください。

④採寸をする

採寸は仕上がりを左右するので、初めてのオーダーシャツ作りならお店でプロのスタッフに採寸してもらうと安心です。希望のフィット感も伝えながら、自分にピッタリのサイズ感を目指しましょう。

⑤購入手続きをする

採寸が済んだら購入手続きをして完了です。使えるクレジットカードなど、支払い方法もあらかじめ確認しておくと安心。

⑥納品

オーダーシャツは一般的に約3週間〜1ヶ月ほどの製作期間がかかるので、出来上がるまで楽しみに待ちましょう。2着目以降は、1着目の採寸データをもとに店頭だけでなくオンラインでも注文できるお店が増えてきているので、お店選びの際にチェックしておくといいですね。

まとめ

いかがでしたか?オーダーシャツにはメリットが多く、コスパが良いので、ワイシャツを着る機会が多い方にこそぜひ作っていただきたいアイテムです。

とは言え、オーダーシャツは全国チェーンのお店から老舗テーラー、百貨店まで様々なお店が取り扱っているため、お店選びだけでも一苦労。

そこで、以下のページでは、初めてのオーダーシャツ作りでも安心して注文できる「オーダーシャツ店」を厳選してご紹介しています。

オーダーシャツを作るイメージが固まっている今のうちに、ぜひ最初の1着を作ってみましょう。